議論、ディスカッションの仕切り方、結果を出せる「攻めの司会」

Pocket

似て非なる意見の提示

さらに、進行役の腕の見せ所ですよ。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

そしてこんなとき、
進行役の発言、質問として有効なのが、

「似て非なる意見の提示」
です。

Aという意見がある時に、
あえて、

「Aに近いんだけど、A´じゃだめなの?」
と、聞いてみる。

すると聴衆は、
A´じゃなくて、Aが良い理由を考えたり、

あるいは、
AもA´も、どちらも良いと思えてきて、

ではそのどちらも良いと思うのは、
どういう要素によるものなのか、考えたりしてくれます。

似て非なる意見が並べられ、
そしてそういった選択を重ねていく中で、

話の輪郭、
意識の境界線が、
くっきりしてくるんですね。

これも読んでみて!  短時間で話を深める、取材力の高い質問の仕方

こういう質問は、

まず、
ディスカッションの仕切り役本人に、

その問題に対する深い理解、
似て非なる意見を考えるセンス、
また話の流れの中で言葉を思いつく瞬発力が必要になりますから、

この役割を持った話し手にとっては、
やりがいのある、醍醐味といえる部分、

まさに、

「結果を出せる司会」
「攻めの進行役」

と言えるでしょう。

大石貴博(企画推進部)
大石貴博(企画推進部)
進行役は、議論が今どういう方向に進んでいるか、きちんと聞いて理解しなくてはいけませんね。

【当サイトの記事内容を参考に二次利用される方は、必ず出典元としてサイト名とURL「話し方のコツ、心技体 https://kumagaiakihiro.com」とご明記くださいますようお願いいたします。】
 
◆面接、説明、スピーチ、会話で堂々と話すために、どこをどう変えればいいか?コツをお伝えします。
◆うまく話せるようになりたいのに、話す時間・機会が少ない方。ビデオ通話から始めませんか?
 
◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ
 
◆法律を学ぶすべての人へ、アナウンサーがコツコツ朗読
無料写真素材なら【写真AC】

そして、今何について話しているかを、常に言語化して明示することですよ。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー