書写山の社僧正
しょしゃざんのしゃそうじょう

早口言葉難易度★★★☆☆

外郎売口上において、

外郎の丸薬を口に含むと舌のまわりがよくなる、

という実演において登場する早口言葉のひとつです。

 

書写山というのは、

兵庫県姫路市にある山で、

その山上には西国三十三所27番、天台宗別格本山の圓教寺があり、

書写山というと、この寺のほうを指すことも多いようです。

 

書写山の名の由来は、

素盞鳴尊が降り立ったという伝説から、

「スサ」から転訛したものという説が有力です。

 

僧正は、

僧尼を統率し諸寺を管理する僧の最高位。

社僧正とは、神社で修行したお坊さん、という意味があるそうですが、

私は詳しくは知りません。ご存じでしたら教えて下さい。

 

早口言葉のひっかけの代表格「連続する音」

では、早口言葉としての特徴を見ていきますと、

典型的なひっかけポイントを備えた、音の並びになっていますね。

 

登場する音は、「ン」「ノ」以外は、サ行関係。

ヤユヨを含む拗音として、

「ショ」「シャ」

濁音+拗音の「ジョー」

濁音の「ザ」

それに「ソ」。

 

初めに「ショシャ」という拗音が連続することから、

音を出そうとする口の中が、拗音に適応した状態になったところへ、

拗音ではない「ザ」が登場するという形。

ここで「ショシャジャン」になってしまうというのが、第一のひっかけポイントです。

早口言葉の代表的なひっかけ「出しやすい音のほうに流れる」

第二のひっかけポイントも同様に、

「シャソージョー」で、

「シャ」の後に続く「ソ」。

「シャ」と「ソ」を自分で出し分けてみるとわかるのですが、

一見、同じように見える音も、

出し方が全然違うんですよね。

シャシュショが、

上顎前方の硬口蓋に息を当てるのに対し、

サシスセソ、ザジズゼゾは、

前歯を一旦合わせて、隙間から息を強く吐き出すことで、

音を出しています。

どちらの方が労力がかかるかといえば、

もちろん、シャシュショよりもサシスセソ、ですよね。

早口言葉のひっかけの特徴、その2、

口は怠けやすく、楽な発音をしたがるものです。

だから、

「シャショージョー」になってしまうんですね。

ショシャザンノシャソウジョーを上手く読むコツ

これまでも「話し方のコツ、心技体」で

繰り返しお伝えしてきましたが、

早口言葉を上手く読みたい時に圧倒的に効果を発揮するのは、

「気持ち区切ること」です。

ショシャザンノシャソウジョーの場合なら、

シャとザの間、

シャとソの間です。

気持ち区切ることで、

口の形がリセットされますし、

次の音への集中力が高まります。

 

そして、

この言葉に特化したコツで言えば、

「ザ」と「ソ」を言う時に、

前歯を意識すること。

前述のように、シャシュショとサシスセソでは、

口の中で音を作る場所=調音点が全く違いますから、

音を出す位置の違いを体で覚えておけば、

うっかりシャシュショに釣られることも少なくなります。

 

もっと正確な音を出したいなら、

前歯だけでなく口全体の形を整えること。

「ザ」では、

しっかり前歯を合わせてから、口を大きく空けるア段の口の形にすること、

「ソ」では、

上唇を前方に押し出すような気持ちで口を尖らせて、明らかにオ段の口の形にすることです。

このように、

発音を口の形で覚えておく、というのも、

早口言葉の対処法として有効だと思います。

 

外郎売口上全文はこちら