話し方のコツ、心技体
  • HOME »
  • 話し方のコツ、心技体 »
  • 話し方、心・頭脳

話し方、心・頭脳

「話す時の見た目」をスマートにする方法

人前で話す時の「体の動かし方の原則」 ストーリーの有る話をする時の、 効果的な演出法について、 あれこれ述べてきました。 前回は、 話の性質次第で、 聞き手との目の合わせ方が変わってくる、 という内容でした。 目線を合わ …

「自分らしい切り口」の話をするために、情報や言葉の選択眼を磨く

自分らしさとは、切り口のこと (前回からの続きです) そして、 その点を大胆に結論付けるならば、 話し続けられない切り口で、説明するな、 「自分の話っぽい」切り口を持て、 ということです。 つまり、 自分の話の本旨が、 …

本質、核心

「自分らしい切り口」で話すためには

「自分らしい切り口で語るために、言葉を選ぶ」 ストーリーのある話をして、 聞き手を魅了するには、 そのお話の世界に感情移入してもらえる環境を作り、 聞き手に、 そのお話を「追体験」してもらうこと。 そのために必要なのは、 …

本質、核心

「話し上手のプラス連鎖」スイッチを押す方法

「この話で、どんなふうに理解してもらうか?を考えてみる」 聞き手が聞きたい話はどんなものだろうと想像し、 自分への質問として設定し、 それに答える話し方をしていると、 ひとりでもしゃべり続けることができ、 かつ、 聞き手 …

極意

「話す時のストレス、プレッシャー」を減らす方法

「話し上手のプラスの連鎖を取り入れろ!」 「話さなくてはいけない」という義務感、心の負担が、 話し手を縛り付けている状態、 それが緊張であり、 あるいは、 話す意欲が低いのに話さなくてはいけない時の 気持ちの重さになった …

悩み、苦手

「話さなくてはならない時」の対処法

「話をしなくてはいけないという義務感を、頭から追い出す方法」 前回は、 話す意欲はあるのに、 話せない時、 についてでした。 では、 話す意欲が無いのに、 話さなくてはいけない場面では、 どうすればいいのでしょうか。 性 …

極意

口が重い人が、ペラペラと饒舌になるには

「饒舌と寡黙、どちらが良い悪い、というわけではない」 口が重い人が、 ペラペラと饒舌になるには、 どうすればいいのでしょうか。 自分はどちらかというと よくしゃべるほうだ、 という方にとっては、 必要のない情報のようにも …

悩み、苦手

「人の心が動く話」とは、こういうこと

「相手にとって聞く意味がある話かどうか?」 今回は、 話を充実させて 聞き手を満足させる方法について、掘り下げていきます。 言葉数が少なく、 話の内容が薄いために、 聞き手が、 「え、それだけ?」 と思ってしまうケースが …

本質、核心

わかりにくい、面白くない、長い話になってしまう最大の原因

「音声化する前に、構成を思い描く」 頭の中のイメージを 言葉にするのは、 とてもまどろっこしいことです。 イメージは一瞬ですが、 それを音で表すには、時間がかかるからです。 それによって、 早く言い切ってしまいたいという …

悩み、苦手

「話が伝わらない」と感じる時の注意点3つ

「大事な言葉を注意深く言う習慣」 早口になる心理状態は、 「頭の中のイメージを、早く言葉にして、言い切ってしまいたい」 という、 焦りの気持ちであることは、 前回お伝えしました。 「早口で話が伝わらない」人が直すべきこと …

本質、核心

「早口で話が伝わらない」人が直すべきこと

「なぜ早口は話を伝わりにくくするのか?」 話が伝わりにくい原因のひとつに、 「早口」の問題があります。 早口はなぜ、 話を伝わりにくくするのでしょうか? 3点にまとめると、 1、言葉を不明瞭にする 2、余計な言葉が付いた …

悩み、苦手

絶対にやってはいけない”嫌い”の言い方5パターン

言い方次第で、「嫌い」も武器になる まず前提として、感情を表現することのメリットとデメリットを 挙げておきます。 メリットは、 ・共感を得やすい ・自分の人間性、人柄をいち早く理解してもらえる ・話の面白みが伝わる ・相 …

本質、核心
1 2 3 5 »

話し方のコツ、心技体 公式Twitter

PAGETOP
Copyright © 熊谷章洋 Akihiro Kumagai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.