話し方のコツ、心技体
  • HOME »
  • 話し方のコツ、心技体 »
  • 聞き手

タグ : 聞き手

「聞いた話」でも面白く話せるようになるコツ

伝聞形の話は、必要だが、つまらない。 前回の記事では、自分の体験談を上手に話すことについて、 解説しました。 それと同様に、 語り手自身の体験でない話でも、 体験者目線を持つことができるものです。 日本昔話のアニメを思い …

極意

「質問を促す」話し方の技術

  質問を促す言葉 前回記事からの続きです。 話す時のストレスを減らす方法   ですから、 話に困ったら、 質問をしてもらったらいいのです。 ただし、 「何か質問はありませんか?」 と漠然と呼びかけて …

極意

「人の心が動く話」とは、こういうこと

「相手にとって聞く意味がある話かどうか?」 今回は、 話を充実させて 聞き手を満足させる方法について、掘り下げていきます。 言葉数が少なく、 話の内容が薄いために、 聞き手が、 「え、それだけ?」 と思ってしまうケースが …

本質、核心

そんだけかよ!と言われる話し方の欠点

「面白い話から先に。後は聞き手を満足させることに注力する」 「話を面白くしたい→オチを考えなくてはいけない」 「話がつまらない→オチがなかったのがいけない」 「オチが考えられない→話が下手」 と思っていませんか? しかし …

悩み、苦手

“好き”を上手に言う方法(後編)

「好き嫌いの表明は、相手を自分の世界に巻き込むこと」 このことから何がわかるのか、 と言うと、 好き、嫌い、と言う行為は、 「あえて、わざわざ」自分の意志を表明することであり、 それを聞いた人にとっては、 「否応なく」 …

本質、核心

「全体を見渡しながら」話す効果

『「どこかの誰か」に向かって話すより、「あなた」に向かって話す意識』 「全体を見渡すこと」の効果も、 計り知れないものがあります。 どういう状況で、どれだけの人々に向けて 話をしているかを認識することで、 それに適した話 …

本質、核心

目を合わせると、なぜ、話がよく伝わるのか。

「相手の聞く気を高めるために、目を合わせる」 話す時、 どの程度、人と目を合わせたらいいか。 前回は、 一対一のケースを考えました。 話す時の「目の合わせ方、切り方」のコツ 目線を合わせることより、 むしろ、 上手に目線 …

本質、核心

話す時、どの程度「相手の目を見たら」良いか?

「相手の目をどのぐらい見ればいいか?」 話す時、 どの程度、人と目を合わせたらいいか。 誰もが一度は 考えたことがあるのではないでしょうか。 友達同士なら そんなことを思う必要もないのでしょうが、 やはり、 初対面の相手 …

体

初対面の人と会話を続ける方法

「初対面の人を、味方だと思えているか?」 人から上手に話を引き出す、 という話題を進めていくに当たり、 どうしても避けて通れないテーマがあります。 それは、 初対面の人との関係構築です。 初対面の人と話を弾ませるには、 …

本質、核心

「相手がよく話せるようになる」聞き方、環境の作り方

「相手のテンションや緊張まで、コントロールできているか?」 自分がいい話をするよりも、 人に良い話をしてもらうほうが大事な時が、 意外に多いものです。 また、それが結構難しいことであったりします。 リラックスして親密な関 …

本質、核心

相手をしゃべらせる技、良い話をしてもらうコツ

「相手の話したいツボを察知しているか?」 司会者やインタビュアーとして、 出演者や話し相手に言われたら嬉しいのが、 「なぜかいっぱい話してしまった」 「普段は言わないことまで言っちゃった」 など、 いつもより話しやすい環 …

極意

人前で話す時の「盛り上げの3要素」とは?

「盛り上げの3要素が実現できているか?」 そのイベントがどういう性質のものであれ、 全ての司会者が、 本番中、最も気になること。 それは、 「盛り上がっているか?」 ではないでしょうか。 盛り上がる、という言葉は とても …

極意
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 熊谷章洋 Akihiro Kumagai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.