話を最後まで「聞き切らせる」話し方

Pocket

「話がこうなったら終わり、という意識を持って話す」

斉藤義男(経営者)
斉藤義男(経営者)
話の途中で、聴衆がざわつき始めるのが、気になってしまいます。
それはおそらく、話のひとかたまりが長いんですね。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

聴衆が、
勝手にざわざわと私語をしないようにしつつ、

なおかつ、

適度な参加意識を持って聞いてもらえるように、
話をするには、

まず、

聞き手が声を出すのは、
こういうときだけ、

というルール・前提条件を、
全員に周知させ、

また、その前提条件で例外なく対応することで、
聞き手という社会に秩序を与えます。

そして話し手は、
テーマひとつずつを短くまとめ、

ひとつのテーマは、
一気に話し切ること。

(詳しくは、過去記事をご覧ください)

また、
前回の記事では書きませんでしたが、

そのテーマには、
短いタイトルを付けるといいと思います。

つまり、
話す前に、

「○○について、お話しします」

と表明できる程度に、
短いタイトルを付けるわけです。

斉藤義男(経営者)
斉藤義男(経営者)
なるほど、まずその部分から明確にできていないかもしれません。

◆この記事の著者がビデオ通話で個別指導、ご相談は1回から承ります。
◆すぐに変化が実感できた。受講体験者の感想はこちら

ひとつのテーマを短くし、それにタイトルを付ける

今から何について話すのか?それを絞れていない、端的にしきれていないケースが多いですね。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

当メルマガでは、
再三、言及してきましたが、

この
「ひとつのテーマを短くし、それにタイトルを付ける」という意識は、

話を明快にする極意でもあるんですね。

第一に、
話し手自身が、

今、何について話しているか、
はっきりと意識することができます。

話し手本人のテーマ認識が甘く、
何について話しているのか、あいまいなままでは、

聞き手が
話に引き込まれないのは、当たり前ですよね。

退屈な話の典型です。

話は、話し手本人の頭の中から出てくるものなのに、
焦点がぼやけているって、

ちょっと変に思うかも知れませんが、

では逆に、
タイトルが付けられるほどに、明確な焦点があるでしょうか?

これが意外に、
あいまいなまま、話してしまうことが多くありませんか?

日常会話など、
相手の理解の重要度が低い話ならともかく、

なんらかの使命や責任を負い、

しっかり全部伝えたい、
全員に理解してもらいたい、

という思いを乗せて話すのであれば、

まず自分の話の焦点は、
自分で絞っておくこと。

そのために「タイトル」を付ける。

これは、
考え方のテクニックです。

斉藤義男(経営者)
斉藤義男(経営者)
自分ではテーマがあると思い込んでいるものですが、実はそれが絞れていないのかもしれません。

「ひとつのテーマを短くし、それにタイトルを付ける」と聞き手も意識が変わる

話す時の頭の中のモヤモヤを消す方法は、的を絞ること。狙う的が小さければ小さいほど、すっきり話すことができるものです。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

しかもそうすることで、
聞き手側にも、

この話を聞き切る、

という、
明確な目標ができるのです。

こういう話をします、
というタイトルを先に掲げると、

聞き手は
そのテーマタイトルから想像するんですね。

ひとつひとつのテーマのボリュームが、
少なめであることが分かったり、

どういう話が出尽くしたら、
この話は終了、というように、

テーマタイトルを聞くことで、

聞き手にとっては、
その話の終わりが見える。

だから、安心して、
「話を聞き切る」ことができるわけです。

逆にそれが見えない話を聞いていると、

「おい、この話、いつ終わるんだよ・・」

という不安感が、
話への集中力を鈍らせ、

眠くなったり、
私語をしたりすることにつながるのです。

だからこそ、
話し手は、

これを話し尽くしたら、
この一連の話は終わりますよ、というシグナルを、

明確に表示する。

それが、

「聞き手に話を聞き切らせる、話し方」なのですね。

斉藤義男(経営者)
斉藤義男(経営者)
私の話が長くなるのも、まさにこの部分に原因がありそうです・・

話し上手は「話の終わりを提示」しながら話している

話が長くなりがちな人は、まず終わり方、これを言ったらおしまい、という言葉から考えてみてはいかがでしょう。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

今回の記事で、
なぜこのくだりが長くなっているかというと、

話し手は、
話すことばかりに気を取られすぎて、

これを話し切ったら、
この話は終わり、

という、
「話の終わりの提示」に無頓着になりがちだからです。

それに対して、
話し上手な人の話は、

終わりがすっきりしています。

それはなぜかというと、

「どうやってこの一連の話を終わろうか」と、
終始考えているからです。

そして、
「話がこうなったら、終わり」という、

終わりのシグナルを出して、
聞き手に終わりを予感させています。

よく言われる、
伏線とオチも、その一種です。

そうすることで、

話し手側は、話し切り、
聞き手側は、聞き切る。

聞き手と話し手との間に、
暗黙の共通認識が生まれ、

共にやりきっているという充実感のある状態。

いい話をしている時とは、
そういうものだと思います。

斉藤義男(経営者)
斉藤義男(経営者)
自分の頭の中をすっきりさせることは、聞き手にとっても良いことなんですね。

話の終わりをすっきりさせる具体策

そうやって話し方がスッキリしてくると、聞き手も好感を持ってくれるようになります。容姿がカッコよくなくても、人気者になれますよ。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

ちなみに、
講義など、話し終わりの時間が決まっていて、

その時間が到来しそうになると、
聞き手がざわつくことって、ありますよね。

講義だけではなく、
イベントの締めの時間も同様だと思います。

そんな、残り僅かな時間で、
すっきりと話を終わる方法のひとつをご紹介します。

それは、
最後にクイズを出すことです。

形式はどういうものでも構いません。

さぁ、クイズを出すぞ~
みたいな、それがクイズと明言しなくてもいいんです。

最後に、
これが解ったら、終わりにしましょう・・など・・

言葉はそれぞれ状況に応じて変化して結構です。

この「最後のクイズ」に、
どういうメリットがあるかというと、

・短時間でできること

・オチと同様の効果があり、話をすっきりと終えられ、
話の体裁をよくすることができること

・今まで自分がしてきた話をどの程度理解してもらえたか?
聞き手のリアクションで知ることができること

・少なくともこれだけは理解してほしいポイントの念押しをして、
理解の徹底を図ることができること

そして何より、
この記事のテーマである、

・話の終わりを明確にすることで、
最後の最後まで聞き手の集中力を維持できること。

話し手は話し切り、
聞き手は聞き切る。

とても充実した時間に感じられます。

これも読んでみて!  「話す時のストレス、プレッシャー」を減らす方法

この「最後のクイズで締める」という話し方の
感覚がつかめてくると、

終わりを意識しながら話すということにも
慣れてくるのではないかと思います。

一石二鳥どころか、
三鳥、四鳥も得られる手法です。

一度、試してみるといいと思います。

斉藤義男(経営者)
斉藤義男(経営者)
クイズ形式って良いですね。クイズにしたいこと=その日の話で分かってほしいことですから、話す側がテーマの的を絞るのにも役に立ちそうですね。

【関連記事】

「聞き手が眠くなる、退屈・マンネリを防ぐ」見せながら話すコツ
話しながら、聞き手と良好な関係を築き上げる方法

話し方のご相談を受けていていつも思うのは、ご自身ではテーマは絞れていると思い込んでいるケースが多いということ。でも話す時の頭をすっきりさせるためには、さらにそこからの絞り込みが必要なんですよね。
くまちゃんアナウンサー
くまちゃんアナウンサー

【当サイトの記事内容を参考に二次利用される方は、必ず出典元としてサイト名とURL「話し方のコツ、心技体 https://kumagaiakihiro.com」とご明記くださいますようお願いいたします。】
 
◆面接、説明、スピーチ、会話で堂々と話すために、どこをどう変えればいいか?コツをお伝えします。
◆うまく話せるようになりたいのに、話す時間・機会が少ない方。ビデオ通話から始めませんか?
 
◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ
 
◆法律を学ぶすべての人へ、アナウンサーがコツコツ朗読
無料写真素材なら【写真AC】