「量よりインパクトを重視する話し方」音声ファイルダウンロード

「話の量を意図的に少なくすることが出来る人は、極めて少ない」

私たちは人前で話をしなくてはならない、となると、
どうしても、

ペラペラと立板に水でしゃべらなくてはいけないという
強迫観念

に捕われがちです。

これはしかたのないことで、
「話をしなくてはいけない」=「たくさんしゃべったほうがいい」
という相関関係は、表面上は成立しています。

ところが実際のところ、
聞き手の側からいうと、そうとも限らないのです。

もちろん内容の薄い話を途切れ途切れに話されても
聞き応えがなく、退屈です。

しかし
内容さえしっかりしていれば、
むしろ言葉数が少ない方が効果的なことのほうが多いのです。

つまり

同じ内容ならば
少ない言葉の方が印象的である、

ということです。

 

深い理解を得て、強く心に残る話をしようとする意識

意味の希薄な言葉を羅列し時間を埋めるということは
内容を薄めてしまう、ということです。

いっぱいしゃべろうとする本人の意図に反して、
残念なことに、

その話自体を軽くしてしまうと同時に
聞き手に、聞き逃しのきっかけを与えてしまう


心得た方がいいでしょう。

とはいえ、
話の量を意図的に少なくすることが出来る人は、
そう多くはいないと思います。

話しベタだと思われたくない。
相手を白けさせたくない。

話し手の心理は
そういうものです。

では、どのような心構えが必要なのでしょうか。

それは、

「いかに効果的に伝えるかに、こだわる」

ということです。

深い理解を得て、
強く心に残る話をする、

ということです。

そのために考えるべきは、

言いたいことが最もよく伝わる
「話の構成」「言葉の選択」「言い方」
ということになるでしょう。

逆に言うと、
これらを慎重に考えたら、
そうそうペラペラとしゃべることが出来る人は、少ないと思います。

考えながらしゃべる人のイメージは、
聞き手に対する思いやりがあって、
慎重で、思慮深い人。

いっぽう、ペラペラしゃべる人が
なんとなく「信用ならない」人に見えてしまうのは、
思慮と配慮に欠ける印象を与えてしまうからですね。

これは気をつけたいところです・・

「量よりインパクトを重視する話し方」音声ファイルダウンロード

【関連記事】

人が聞きたいことを言うのが話し上手、伝わる話が良い話。

「言葉の威力を増す」ための工夫

◆この記事は有料メールマガジンで配信されたものです。


◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します。


◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ