「端的に短く言い表す」音声ファイルダウンロード

「話し上手は、名コピーライターでもある」

話す、という行為は、
新しい発想の連続です。

会話の流れの中で、絶えず、
より効果的な表現を発明しつづける、

ということです。

そしてその「効果的な表現」のなかでも、
あらゆるシーンに応用が効くのが、

「端的に言い表す」

ことだと思います。

例えば、明石家さんまさんという、
話術が天才的だと広く認められているタレントがいます。

多くの人が、あの「おしゃべりな人」ね、
と理解しているでしょう。

ところが彼が、
要所要所で話を端的にまとめているからこそ話し上手なのだと
気付いている人はあまりいないでしょう。

今度テレビを見る時は
そのあたりに注目してください。

ほとんどのゲスト出演者は、
まるで友人同士の会話のように
とりとめもなくしゃべりつづけます。

それを上手くまとめているのが、さんまさんです。

相手が素人であれば、
まず、ニックネームをつけます。

あるいは、その日の衣装やメイクについて
「○○が××したような服、着やがってー!!」と
一行で言い表します。

またゲスト達の体験談を聞いた後
節目節目で必ず「あー、○○ということやー!」
と一行で話をまとめます。

そして以前から話題にしていることであれば
「あの、○○男の話や!」
と、ひとことタイトルで皆を納得させてしまいます。

このように明石家さんまさんは、
おしゃべり=たくさんしゃべるというイメージですが、

実は大事な所では
極めて短く言い表す技術を駆使しているのですね。

 

端的にまとめる癖をつける

実はこれは、極めてテレビ的な要因が考えられます。

長時間収録されたトークは、
編集で、短くてわかりやすい言葉以外はカットされてしまう確率が高いため、

カットされないよう、インパクトのある言葉を選択し続けた結果、
そういったスタイルにたどり着いた、のかもしれません。

私たちは、さんまさんのように
立て板に水でたくさんしゃべる必要はありませんが、

端的にまとめる癖は
真似してみると、大いに役立つと思います。

具体的には・・

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)

この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

熊谷章洋がこの記事を読んだ音声(mp3ファイル)は、こちらからダウンロードできます

「端的に短く言い表す」音声ファイルダウンロード