「言いたいことを言うのは話し下手」

 

上手に話したい、という思いが強い人ほど
早口でペラペラしゃべろうとする傾向があるようです。

しかし
「上手い話とは、伝わる話」のことであって
極端にいうと、
よどみないとか、トチらないとかは、
「伝わるのであれば」どうでもいいことです。

 

ペラペラしゃべって悦に入るのは自己満足に過ぎません。
そのほとんどが聞き流されているかもしれないのですから。

「言いたいことを言うのは話し下手」
「聞きたいことを言うのが話し上手」

なのではないでしょうか。

私たちはあくまで、
「伝わる話」を目指さなくてはなりません。

そのためには意識の変革が必要です。

 

今、自分の頭から出たばかりの話を理解してもらうには、配慮が必要

「話す側は話を知っていて、
聞く側の人はその言葉を初めて聞く」

 

という状態にありますから、
話し手はいつも、

「今、使っているこの言葉は、今、理解されたか」に
心を配る必要があります。

早口で話すことの問題点は、

「聞く人がそれを初めて聞く」という
配慮、思いやりが足りないこと。

それと同時に
より効率よく伝わるはずの簡潔な言葉で
表現できていないこと。

たくさん伝えたい、上手く伝えたいという
「気持ちを制御できていない」ことの現れでもあるわけです。

その傾向が強い人の多くは、

「話の全体像がイメージできておらず
効率よく伝わる構成を思い描かないまま話している」
のではないでしょうか。

 

息を吸っている間に、言葉を厳選する

思いつくままにあれやこれやと話していると
おのずと言葉数が多くなってしまうものです。

「言葉が自分の内側から飛び出してくるのをぐっとこらえる」ことも
話し上手を目指すうえではとても重要なことなのです。

 

しゃべりたい気持ちを抑えるためのコツとしては、
いつもなら中途半端に見切り発車でしゃべり始めてしまう、
そのときに
鼻で、長く息を吸うことです。

 

息を吸っている状態では、人間は話すことができませんから、

その間に端的な言葉を厳選し、
これから話す方向性、構成、ビジョンを意識しながら
話し始めることができるのです。

また
そういった気持ちの制御ができるようになると
「トチリ」が激減します・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。