「相手の心が離れていくような話し方をしていないか?」音声ファイルダウンロード

「相手の心が離れていくような話し方をしていないか?」

聞きにくいな、つまらないなと思った瞬間を契機にして、
聞き手の心はみるみる離れていくものです。

ですから話し手は

人の心が離れるきっかけを
極力作らないようにしなければなりません。

では、どういうきっかけで
人の心は離れていくのでしょうか?
ケース別に考えていきましょう。

 

「声が小さく聞き取りにくい」

声を張って喋る、という習慣が
そもそも無いという方もいらっしゃいます。

聞き手も、初めはなんとか聞き逃さないようがんばるのですが
声の小さい話が長くなるにつれ
そのがんばりも限界に達します。

言葉が聞き取れないと、内容がわからなくなるからです。

つまり平易な内容の話でも
声が小さいというだけで
理解しにくい話に変わってしまうのです。

ですから、
もちろん大きな声を心がけるのは大事なのですが、

同じ小さな声でも、話し方に留意するだけで、
言葉の届き方も変わってきますので、
ぜひご参考になさってほしいポイントがあります。

それは、

ゆっくり、前を向いて話すこと。

話し手の表情と口の動きが見られるだけで、
聞き手の理解度が格段に違いますよ。

 

「早口」

ペラペラしゃべるのが上手な話だと思ったら、
大間違いです。

早口は「聞き逃し」に直結します。

話の重要な構成要素を聞き逃すことが多くなるほど
人の心は離れていきます。

早口は、
声が小さいのと同じ欠点があると心得ましょう。

また、
明瞭な発音を伴った話し方によって、
伝わる情報量も、あるレベルまでは上げることが可能ですが、

いくら明瞭だからといって、
音の洪水を浴びせては、聞き手心理を参らせてしまいます。

簡単に言うと、
早口は「鬱陶しい」のです。

やはり早口は程々にしたほうがいいと思います。

 

「単調」

ずっと同じ調子で話されると聞く側も飽きてきます。

飽きてくると、徐々に聞き飛ばしをするようになるのですが、
口調にメリハリがないと
どこを重点的に聞くべきかがわからず
大切なポイントまで聞き飛ばしてしまうことが多くなります。

大切なポイントの聞き飛ばしは
話全体の理解不能を招き
聞き手の心は離れていきます。

ですから
少しだけ表現力を駆使して

聞き所を明らかにしてあげることが大切です。

聞き所の伝え方は・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)

この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

熊谷章洋がこの記事を読んだ音声(mp3ファイル)は、こちらからダウンロードできます

「相手の心が離れていくような話し方をしていないか?」音声ファイルダウンロード