「人に伝わる言葉を、状況に応じて使い分けられるか?」音声ファイルダウンロード

「人に伝わる言葉を、状況に応じて使い分けられるか?」

話し手にとって、
「聞き手がどのぐらい興味を持って聞いてくれているか?」は、

最大の関心事ではないでしょうか。

例えば、
テレビ番組の視聴率調査では、

「毎分」と呼ばれる調査結果で、
いつ、どういう状態の画面を、多くの人が見たかがわかってしまいますし、

またユーストリームやニコニコ動画などでの生放送では、
視聴者の増減が克明に表示されます。

もちろん、人の関心をひく、魅力的な話し方も大事ですが、
話題や着眼点のセンス、人柄など、一朝一夕に実現できないことも多いものです。

でも、
せっかく聞いてくれている人の「心が離れていくきっかけを作らない」という
守りを固めることは、すぐにでも取り組むことが可能です。

例えば、自分でネットの生中継をやってみるとわかりますが、
視聴者数がどんどん増える放送というのは、

「視聴者が減らない時」であって、
単純に「新規参加者数が多い時」ではないんですよね・・

 

聞き手の心が離れていく話し方とは

では前回の記事に続いて、

話し方の欠点が、聞き手の心が離れるきっかけになる

聞き手の心が離れていく話し方の、典型的な例を挙げることにします。

やっちゃダメ

「専門用語や外来語が多い」

専門用語や外来語を多用する=賢い、
と思ったら大間違い!

自分がその言葉を知っているからといって、
相手が知っているとは限りません。

わからない言葉が出ると
聞く側はだんだん理解することを放棄するようになります。

そうならないために、話し手としては
「相手を知る」ことが重要になります。

たとえば学会のような専門家がそろう会合で
初歩的な専門用語にいちいち解説を入れてばかりでは
バカにしていると受け取られかねません 。

かといって同じようなケースでも
各分野から人が参加してきているような場面では
専門用語にも注釈をつけなければならないでしょう。

相手の理解レベルを敏感に察知するのも
上手な話し手の力量の内なのです。

「人に伝わる言葉を使い分けられる」人こそが、
賢者であると心得ましょう。

 

聞き手の「聞くストレス」を意識しよう

このように、人の心が話から離れていくきっかけを考えてみると
ある共通点が存在することがわかります。

それは、

「聞いても理解できない時間が続くこと」
ではないでしょうか。

聞き手が、始めから聞くことを放棄してしまうことなど
そうあることではありません。

人は徐々に
あなたの話から遠ざかっていくのです。

それは「聞くストレスが続く」ことであり
その大半は「わからない」ことが原因です。

残りの要因の多くは、
聞き続けるのが不快な外観上の問題(音声、見た目、言い回しなどの極端な特徴など)だと思います。

そういう意味において、話し手がすべきなのは、
自分の話を、わかりやすく、届きやすくするための、あらゆる努力なのですね・・

「人に伝わる言葉を、状況に応じて使い分けられるか?」音声ファイルダウンロード

◆この記事は有料メールマガジンで配信されたものです。


◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します。


◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ