「構成で話し手の好感度が上がる」音声ファイルダウンロード

「話のテーマ、方向性、結論は明快か?」

聞き手が、話を聞くのをやめたくなる理由は、

声が小さくて聞き取りにくいとか、
知らない単語が頻発する、など、

「聞いても理解できない状態が続くこと」です。

それは声の出し方や使う単語など、
表面的な問題だけではありません。

同じ内容の話でも、
わずかな工夫や、聞き手に対する思いやりがあるか、ないかで、

わかりにくい話し方にもなれば、
どんどん引き込まれる話し方にもなりうるのです。

内容は面白そうなのに、
聞き手の心がつかめないのは、

もしかしたら、
次のような要因があるのかもしれません・・

 

「何について話しているのかわからない」

テーマ、意図、方向性がわからない話は
どんなユニークな内容であっても
聞き手にストレスを与えます。

ですから

人に理解してもらうために話をする場合は、
今、何について述べているのか、常に明確にしていることが大切です。

(いつ)のことなんですが・・
(誰)の話なんですが・・
○○について考えますと・・
何故、××が△△なのかといいますと・・

など、
事あるごとに、今の話題はなんなのかを明示すること。
そして、強調したい大事なポイントがあれば、

これを理解するうえで重要なポイントですが・・
ここからがいい話なんですが・・
その時、どうなったと思いますか?

など、

大事なポイントの理解を
より深めるようなアプローチを加えると、

なお一層、聞き手はあなたの話に引き込まれるはず。

逆に言うと、
そういう工夫こそ、聞き手への思いやりであり、

そういう工夫をしなければ、
聞き流されてしまう恐れがある、ということです。

聞き流す→理解できなくなる→聞きたくなくなる。
聞き手の心理とは、そういうものです。

 

「結論がみえない」

話の意図や方向性がわからないのと同様に、

今の話はなんだったのか、
結論がみえないまま進行していく話も、聞き手にストレスを与えます。

いま何について話しているのか明確にしながら、
その都度、その話をすっきりと決着させながら進めることが大事です。

より丁寧な説明が必要であれば

(つまり)○○については、
××、ということだったわけですね。

などと、
その話題のテーマと結論を
改めて念押しするぐらいの思いやりがあると、なおいいと思います。

お世辞にも顔がいいとも、愛想がいいとも言えないオジさんの話が、
何故か好評だったりするポイントが、
こういうところにあるケースが、しばしば見受けられます。

話し手としての好感度という意味では、

滑舌や発音、表情よりも、
むしろ、

「話の方向性が明らかで、結論も明快な人」こそ好感度が高い、
と心得ましょう。


「構成で話し手の好感度が上がる」音声ファイルダウンロード

【関連記事】

話の終わり方、結論の考え方

わかりにくい、面白くない、長い話になってしまう最大の原因

◆この記事は有料メールマガジンで配信されたものです。


◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します。


◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ