「人が関心を持って聞いてくれる話をするためのヒント」音声ファイルダウンロード

「聞き手が興味を持てる話をしていないのではないか?」

聞き手が、自分の話に関心を持ってくれないことほど、
話し手として悲しいことはないと思います。

例えば、興味のある人しか聞かない話の代表として、
ニュース原稿について考えてみます。

(知らない)誰かが、
どこかで、
何かした、こんな状態だった・・

これに関心を持って、
積極的に聞こうとしてくる人は、数少ないでしょう。

でも、
逆に言うと、

「人が関心を持って聞こうとしてくれる話」をするためのヒント

が、
ここに隠れています。
どこかで、誰かが、こんな状態だった・・

という内容の話にも、
「あらー、可哀想に・・」などと、共感することはあるかもしれません。

それは、
どこの誰かは知らなくても、(可哀想という)感情は共有できるからです。

 

関心が持てる=自分との共有ポイントがある、ということ

ましてや、
これが、自分の知っている場所が現場になっていたとしたら、
どうでしょう?

「あの場所で、そんなことが?」
「そんなことが起こりそうな場所ではないのに・・」
「自分の知り合いは大丈夫かしら?」
などなど、
そのニュースがグッと身近に感じられるようになりますよね。

つまり、

その話に、人が関心を持つかどうかは、
聞き手自身との「共有ポイントが多いかどうか」で決まるものなのです。

この普遍的な原理を上手に取り入れると、
聞き手の食いつきが、格段に変わります。

どこかの誰かが何をして、どうなった。

この話の登場人物は、
どこかの誰か。

その誰かがどうなろうと、
多くの人は関心を持てません。

しかし、
この話の登場人物に、「自分=聞き手本人」が加わると、
それは他人の話から、自分の話に変化するのです。

では、

聞き手とは全く関係ない話を、
どうやって、「聞き手自身が参加する話」に変えるのか?

それは・・・

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)

この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

熊谷章洋がこの記事を読んだ音声(mp3ファイル)は、こちらからダウンロードできます

「人が関心を持って聞いてくれる話をするためのヒント」音声ファイルダウンロード