話し方のコツ、心技体
  • HOME »
  • 話し方のコツ、心技体 »
  • 発音

タグ : 発音

ストーリーを語るときの表現力、声色を変えて話すコツ

声色を変える意味 (前回からの続きです) では、 お話を語る声とは、どういうものでしょうか? お話には、 それぞれに世界観、雰囲気のようなものがあるはずですから、 それを表現できるような声、 ということになります。 どう …

極意

早口言葉「バナナなどのなぞなぞなど謎なのだけれどバナナの謎はまだ謎なのだぞ」を上手く言うコツ

バナナなどのなぞなぞなど謎なのだけれどバナナの謎はまだ謎なのだぞ バナナナドノナゾナゾナドナゾナノダケレドバナナノナゾハマダナゾナノダゾ 早口言葉難易度★★★★☆ これは早口言葉の中でも、 かなり滑舌が忙しいタイプですね …

心技体_早口言葉

早口言葉「赤あぶりカルビ青あぶりカルビ黄あぶりカルビ」を上手に読むコツ

赤あぶりカルビ 青あぶりカルビ 黄あぶりカルビ あかあぶりかるび あおあぶりかるび きあぶりかるび 早口言葉難易度★★★★☆ 比較的新しい早口言葉ですね。 滑舌タイプの早口言葉ではなく、 どちらかというと、混乱タイプです …

心技体_早口言葉

外郎売り「小米(粉米)のなま噛み、小米のなま噛み、こん小米のこなまがみ」を上手に読むコツ

小米(粉米)のなま噛み、小米のなま噛み、こん小米のこなまがみ こごめのなまがみ、こごめのなまがみ、こんこごめのこなまがみ 早口言葉難易度★☆☆☆☆ いわゆる「外郎売」において、 口上を披露している人物が、 この「外郎」と …

心技体_早口言葉

外郎売り「繻子緋繻子繻子繻珍」を上手く読むコツ

繻子緋繻子繻子繻珍 しゅすひじゅすしゅすしゅちん 早口言葉難易度★★★☆☆ 歌舞伎十八番、外郎売のなかで、 丸薬である外郎を口に含むと、 舌の廻りが良くなることの実演をする部分で登場する一節です。 繻子とは、繻子織のこと …

心技体_早口言葉

「書写山の社僧正」をうまく読むコツ

書写山の社僧正 しょしゃざんのしゃそうじょう 早口言葉難易度★★★☆☆ 「外郎売口上」において、 外郎の丸薬を口に含むと舌のまわりがよくなる、 という実演において登場する早口言葉のひとつです。 書写山というのは、 兵庫県 …

心技体_早口言葉

話す時の「口の見せ方」

「話すことに自信がないと口の動きが小さくなり余計に伝わらなくなる、という悪循環を断つ」 音のバリエーションを生み出し、 言葉を形成している、口、ですが、 それは聞き手には どう見えているのか、考えていきます。 一番初歩的 …

体

「きゃりーぱみゅぱみゅ」を上手く言うコツ

きゃりーぱみゅぱみゅ 早口言葉難易度★★★☆☆ 早口言葉じゃないんですが、 話し手泣かせの、 「きゃりーぱみゅぱみゅ」を噛まずに言う方法。 頭から見ていきますね・・ まず、 きゃりー、は楽勝ですよね。 そして、 「きゃり …

心技体_早口言葉

早口言葉「フルーツジュース抽出中」を上手く読むコツ

「フルーツジュース抽出中」 ふるーつじゅーす ちゅうしゅつちゅう 早口言葉難易度★★☆☆☆ なんか、 今どきっぽくて、かわいい早口言葉ですね。 では、 いつもどおり、細かく解説していきますね。   まず全体を眺 …

心技体_早口言葉

話し方の論点「声、習慣、姿勢など話しぶりのチェックポイント44項目」

「自分がどういう話し方になるべきか、という戦略があるか?」 「なりたい自分と、今、そうでない自分との間の ギャップが、ストレスを生む」 私たちの人生は、その連続です。 ストレスは痛みを伴いますから、 次第にそのギャップを …

本質、核心

「この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのだ」を上手に読むコツ

「この竹垣に竹立てかけたのは竹立てかけたかったから竹立てかけたのだ」 このたけがきにたけたてかけたのはたけたてかけたかったからたけたてかけたのだ 早口言葉難易度★★★★★ 古い早口言葉は、 現代においては比較的簡単に感じ …

心技体_早口言葉

滑舌が悪いと思っている人が、滑舌よりも直すべきこと

「聞き間違えられるのは、滑舌が悪いから、と思う前に」 聞き手にきちんと言葉が伝わらず、 「え?」と聞き返されてしまったり、 カフェでコーヒーLサイズを注文した時、 「エムですか?」などと聞き直されてしまうことは、ありませ …

体

発音が甘いと感じる時にやってみるといい舌のエクササイズ

「発音の弱点をエクササイズで克服する」 発音が甘い、滑ると感じた時には、 舌のストレッチをするのも、オススメです。 「滑舌、発音=舌の動き、ではない」 という話はこれまでもさせていただきましたが、 かといって、 調音点を …

体

ハキハキとした明瞭な話し方になるための顔のエクササイズ

「だらしない話し方は、だらしない顔に表れている」 滑舌を良くし、 ハキハキと明瞭な話し方になるための、 日常のエクササイズをご紹介します。 滑舌が悪かったり、 発音に歯切れがなく、だらしない話し方になるのは、 顔の筋肉が …

体

顔・体の歪みを矯正し「発音を綺麗にする」ためのエクササイズ

「滑舌が悪いのは、歪みがあるからではないか?」 発音を綺麗にしたい、 滑舌を良くしたいという人が、 早口言葉などの発音練習に取り組むことは、 よくあると思います。 しかし、忘れてはならないのは、 発声や発音は、 顔や体の …

体

性格が明るくても「声が暗い」人が多い

「明るさ、楽しさが伝わらない話し方をしていないか?」 自分の性格は明るいほうだと思っている人でも、 「声が暗い」ことが、意外とあるものです。   ここでいう、暗い、というのは 低い、とは違います。 ですから、 …

体

「除雪車除雪作業中」の上手な読み方

「除雪車除雪作業中」 じょせつしゃ じょせつさぎょうちゅう 早口言葉難易度★★★☆☆ そんなに難しく無いかな? でもポイントを書き出すのは有意義な言葉かもしれません。 そのポイントは、3つあります。 1、無声化する「つ」 …

心技体_早口言葉

発音が悪く言葉を聞き間違えられる人がやるべきこと

「聞き間違えられる発音をしていないか?」 聞き取りにくい。 よくトチる。 発音に癖がある。 こういう傾向を治したい人が 取り組むべき課題は、 ・母音の変化を明瞭にすること ・子音を正確に出すこと 主にこの2点です。 前回 …

体

日本語を美しい発音で話すためには

「聞き取りにくいのは、変化が乏しいから」 話し方を磨きたい、と思う人の多くは、 いい声、綺麗な音を出したい、という欲求があるのではないでしょうか。 前回お話ししたように、 人が生まれ持つ声そのものは変えることができません …

体

自分が本来備えている声を、 磨く

自分の声を根本的に変えるのは、不可能 現代の科学では、 人間の顔の骨格を分析することで、 声を再現できるそうです。 この技術を使って、 絵画のモナリザの声と、 その作者のレオナルド・ダ・ビンチの声を再現したところ、 両者 …

体
1 2 »

熊谷章洋がメールとスカイプで個別指導

法律ナレーション音声ファイルダウンロード

14キロ減量に成功して続行中!

PAGETOP
Copyright © 熊谷章洋 Akihiro Kumagai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.