「その話に、聞き手は感情移入してくれているか?」

話す、という行為のなかには、

話の内容や、
発音の正確さ、
音の高低や強弱、などでは測ることができない、

「味わい」のような要素が存在します。

話し方に彩りを与えるもの。

その多くが、
「口調」という要素に含まれているのではないかと思います。

口調という言葉を、
それ単独で使用することは、めったにないかもしれません。

ほとんどが、
○○口調、というふうに、
「その口調を修飾する語」とともに、使われます。

例えば、

厳しい口調、
優しい口調、

男性口調
女性口調などといった、一般的な語句はもちろん、

誰々さんのような口調、といった、
具体的な固有名詞が係ることも可能で、

この点だけを見ても、

世の中に口調というものは、
その修飾語の数だけ、無限に存在することがわかります。

ところが、
実際に人前で話をする際、

口調に気をつけている人、
意図的に口調に変化を与えている人は
どれほどいるかと考えると、極めて少ないでしょう。

なぜならば、
いざ人前で話をするとなると、

綺麗に話すことや、
話の内容に気を取られ、
口調にまで、気が回らないからです。

つまり
話すこと全体における、口調の優先順位は、
自然と、後回しにならざるを得ないところがあるわけですね。

 

 

口調を変化させると、聞き手が話に感情移入しやすくなる

では、
口調に気をつける、口調を変化させる、とは
具体的にはどういうことなのでしょうか。

例えば声優さんなどは
口調の変化、味わいを、声の演技で表現しますし、

落語家さんは、
まるで、そこで会話が行われているかのように、
口調にメリハリを与えることができます。

口調という単語を修飾する、
「○○(のような)」という部分を、
意図的に、声で表しているわけですね。

淡々とした口調で、
情熱的な口調で、

あるいは、

実況アナウンサーのように、
エンジニアのように、
科学者のように、
校長先生のように、

その話をしたその人のように・・

一連の話のなかで、
要所要所で口調が変わると、
聞き手はグイグイと、その話の世界に引き込まれていきます。

それは、
話に、口調の変化という彩りが加えられたことによって、
「感情移入しやすくなる」からかもしれません。

ただし、
そんなことを意図しなくても、
自然に口調を使い分けている人は、存在します。

魅力的な話し方をする人の多くが、
多様な口調の使い分けができるのではないかと思うのですが・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

この記事のナレーション版をmp3ファイルでダウンロードできます

「感情移入されやすい話し方、口調の使い分け」をダウンロードして聴く