「言葉の威力を増す間の取り方」の音声ファイルダウンロード

「ペラペラしゃべるのは、話を薄く、退屈にしている」

例えば、
コンサート会場の開演前。

鳴っていた音楽が、
パタリと止まって、無音になったとします。

観衆はどう思うでしょうか?

「いよいよ、
演奏が始まるな!」

と、
期待を高めますよね。

同様に、

授業中、
教師の声が子守唄のように聞こえ、つい、ウトウト。

その時、
教師の話が突然、途切れたとします。

生徒は、

「寝ているのが、バレたか?」

と、
ドキッとして、目を覚まします。

 

「間がない話し方=退屈な話」と認識されてしまう

このような例からもわかるように、
「間をとる」ことは、

聞き手の注意を喚起し、
想像力を高める演出効果があります。

当然、
話し方にも、応用可能です。

逆に、

間がない話し方は、
聞き手にどんなふうに受け取られているのでしょうか?

間が無い、ということは、
時間が音で埋め尽くされている、ということです。

聞き手にとって、
同じように流れる音は、
同レベルの情報として処理されがちになります。

つまり、
同じような話が繰り返されている

=退屈な話、と認識されてしまうのです。

たとえ、有意義な話であっても
話し方が単調なら、退屈だと感じてしまうわけですから、

聞き手にとって、
そもそも関心が低い話をしているのであれば、なおさらでしょうね。

(もちろん、
強弱や高低など、他の様々なテクニックによって、強調することは可能ですが。)

 

間ができるのは恐い、でも!

大切なポイントを相手に伝える工夫として、

「間をとる」
というテクニックがあります。

つまり、
「空白時間というギャップ」を作る、ということです。

音声がぎっしり詰まった時間だけでなく
音のない時間をあえて作ることで、

そのあとに発せられる言葉の重要性を
無言で盛り上げる効果があるのです。

私達話し手は、
話さなくてはいけない、という強迫観念に支配されていますから、

つい、
自分の持ち時間を、
ぎっしり言葉で埋め尽くそうと、必死になったりします。

その結果、

不必要な言い回しや、繰り返し、余談などなど・・

途切れることなく
しゃべり続けてしまうのですが、

それは結局、
自分の話を「薄めている」だけ。

聞き手にとって、
それほど意味があることではありません。

あえてそれに意味を見出そうとするなら、
しゃべり続けることで、
賑やかで勢いがある印象を与えることはできますが、

読解力のある聞き手にとっては、
あまり中身のない話に聞こえているに違いありません。

では、
上手に間を取るためには、
どうしたらよいのでしょうか?

それは・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。


「言葉の威力を増す間の取り方」の音声ファイルダウンロード