「聞き手に対して親切な話し方をしているか?」

 

 

私たち、話し手の最重要課題は、
大切な言葉を「より効果的に」伝えることです。

 

しかし残酷なことですが、現実には、

聴衆はさまざまなきっかけから
私たちの話を聞き飛ばそうとします。

私たちはその流れから
聞き手の意識を取り戻し、

あるいは、
聞き手の心が離れないよう気を配る努力が必要です。

そこで
話の内容にも、メリハリが大切になってきます。

具体的には、

「主観性と客観性」
「具体性」
「重要度」

もっと単純に、

「楽しい部分と悲しい部分」
とか、

「勢いがある部分と落ち着いた部分」
「早く展開する部分とゆっくり展開する部分」
などなど。

話が散らかってはいけませんが、

このような、
様々な組み合わせの落差があればあるほど、
聞き手を惹きつける魅力につながってきます。

では今回は、
話を構成する上で最も意識すべき、

「重要度のメリハリ」について、

解説していきます。

抜く所は抜く、
押さえなくてはならない所はきちんと押さえる。

その落差、ギャップが、
重要度のメリハリです。

聞き飛ばされても全体の流れに差し支えない時間帯と
絶対に聞いてほしい部分を
意識的に区別する、ということです。

話を聞く側というのは、

相手の話を「より効率よく理解したい」と
無意識のうちに思っています。

ところが、

効率よく理解したいという感覚は
ともすると、
話半分に聞いてしまう、という結果につながってしまいます。

人間の集中力というのは
それほど長い時間、保てないからです。

こうした無意識の習慣から、
人間の耳は、

「話し手が聞いて欲しがっているサイン」を見つけ
そこだけ重点的に注意深く聞く、

という作業を、気づかぬうちに行なっているのですね。

ですから私たち話し手の側は、

軽く聞いてリラックスしてもらう部分と
重点的に聞いて理解して欲しい部分を意識的に分け、

しかも判りやすい「聞いて欲しいサイン」を
出しながら話す必要があるのです・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。