「”嫌い”を、好きという単語で表現できるか?」

感情を上手に表現する方法のシリーズ、

前回の記事では、

「絶対にやってはいけない嫌いの表明」を、
5つ挙げました。

詳しくはこちらから御覧ください。

絶対にやってはいけない”嫌い”の言い方5パターン

今回は、
上手に嫌いを表明する方法、2つです。

まずひとつめは、

「そういう人もいるよね」
「嫌いなんだから仕方がないよね」

と思ってもらえるような、嫌い表明です。

例えば、

人前で、
「メロンが嫌い」
と言うことにしましょう。

この発言、
なんてことないように思えますけど、

もし、
その場に、メロン農家さんが居たら、

おそらく悲しみますよね。

嫌いを表明することのリスクとは、
そういうことです。

そういう発言のなかで、

「メロンが好きな人の気が知れない!」
と言ってしまうのが、

相手の価値観と人格を結びつけて
否定してしまうパターン。

これは絶対にやってはいけないことです。

 

嫌いと発言するには、「資格」が必要なのだ

これに対して、
上手に嫌いを表明する言い方は、

「メロンは子供の頃から食べられないんです。

ウリ科の植物って、独特の青臭さがあるでしょ?
だから、キュウリとかもダメ。

給食で食べられなくて、
よく掃除の時間まで残って食べさせられたんですよ。」

ね!

これなら、
嫌いでも仕方がないか、と思いませんか?

ポイントは、
具体例、体験談、一般化です。

「机上の空論に基づいた”観念的な嫌い”が反感を生む」
のに対し、

体験談を交えた具体例があることで、

「嫌いと発言する資格」が
発言者に与えられるのですね。

しかもそれを、
「一般化=あるある話」に仕立てていることで、

そういう人もいるよね、
それも一理ある、

という共感を生んでいるわけです。

嫌いの表明が上手な人は、
自然と、このような言い方をしているはずです。

 

「物は言いよう」を活用しよう

もうひとつは、
「嫌いを好きと言い換える方法」です。

「物は言いよう」
の最たるものなのですが、

嫌いという言葉を使わないで、

好きという言葉で
嫌いを伝えるやり方もあるのです。

これこそ、
賢者の言葉遣いです。

簡単に言うと、

嫌い、と言うよりは、
好きではない、と言ったほうが印象が柔らかい、ということです。

嫌いの表明が上手な人は、
さらにそれを前向きに言い換えて、

「○○のほうが好き」
と表現できます。

上記のメロンの例で言えば、

「メロンはあまり食べないけど、
スイカはよく食べるな~」、など。

嫌いという言葉の代わりに、
「頻度が少ないという事実」に言い換えつつ、

メロンと並び立つ夏のフルーツ、
スイカの名前を挙げて、

そっちのほうが好き、
ということで、

暗に、
メロンが嫌いなことを表現しています。

例がメロンですので、
ちょっと大仰で滑稽にも感じますが、

メロン以外の候補、スイカの名前を挙げることで、
会話が繋がり、

「話の門前払い」や「ぐうの音も出ない」雰囲気を
防ぐことができる。

これは、
様々なシチュエーションで応用ができると思います。

ただし、
○○のほうが好き、という場合、

もしかしたら両者が対立するような関係にあり、
わざわざそちらの名前を出すことで、
聞き手が嫉妬を感じる可能性も否定できません。

そのあたり、発言者の思いやりの繊細さが、
やっぱり必要になりますね・・

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。