「究極の目的は、相手の幸せ」

 

話し方の論点、

今回は、

「伝える相手との関係」の中での、

気持ち、心構えについての
チェックポイントです。

これまで同様、

すべてがそうあれば良いというものではなく、
自分がどういう傾向にあるかを

チェックするための項目です。

では、お試しください。

◎話す以前の意識として◎

聞き手に対する想像力があるか

相手を楽しませたいと思えているか

相手を知ろうとしているか

相手の成功、幸せを願っているか

相手と自分との関係性をきちんと意識できているか

社会全般と相手、自分の関連付けは意識できているか

同じ会話の参加者の立場、ポジションへの思いやりがあるか

どんな自分を知ってもらいたいのか、きちんと意識しているか

本当に理解してもらいたいと思っているか

相手にどのぐらい理解してもらいたいのかのビジョンはあるか

好きになってほしいと思っているか

味方になってほしいと思っているか

その相手に話したいという情熱はあるか

自分のエゴを認識できているか

 

◎話すときの意識として◎

共通認識を持とうとしているか

価値観が共有できる話題か

自分の話が相手に通じているかを気にしているか

相手へどう伝わるかを意識できているか

適切な音か

適切な表現か

言葉の強さの塩梅は、その場に適しているか

その言葉を聞いた相手の気持ちを思いやれるか

相手に考えさせようとしているか

相手に話させようとしているか

相手の心に残る話をしようとしているか

相手の記憶に結びつく話し方ができているか

聞き手に刺激を与えようとしているか

話の中に聞き手を参加させようとしているか

相手を追い詰めない配慮ができるか

相手の為になる工夫をしたか

口の動きすら相手に見せてあげようとしているか

聞き手の目を集めることができているか

相手の視線を集める工夫をしているか

相手の聞く体勢を整えようとしたか

相手の聞きたいことを察知しようとしているか

相手が求めている話を実現できているか

相手の知っている言葉を使おうとしているか

相手が理解しやすい構成、内容で話そうとしているか

相手に最も効果的に伝わる演出があるか

相手が納得する理由を用意しているか

相手が困るような言葉かどうかを、きちんと吟味しているか

聞かれたことについて正確に答えようとしているか

相手と一緒に、話を作り上げていく気持ちはあるか

 

◎聞くときの意識として◎

相手の話を、まずは全部受け止める気構えがあるか

相手の立場を考え、その気持ちになって聞けているか

相手に良い話をしてもらいたいと思っているか

相手の話を、正確に理解しようとしているか

相手の話を、深く理解しようとしているか

相手の良いところを見つけようとしているか

話の行方を予測しながら聞けているか

決め付き過ぎないようにして聞けているか

話の意図を見出そうとしているか

真意をつかもうとしているか

相手の表情の変化を見逃さないようにして聞けているか

相手の感情の変化に敏感か

相手の言葉のニュアンスに敏感か

相手の話のリズムに乗りながら聞けているか

相手の話を遮らないで聞けているか

話の腰を折っていないか

相槌のタイミングは良いか

その相槌は適切か

同意を表明できているか

感想の表明は適切か

質問して疑問を解消しながら聞けているか

反対意見も理解しようとしているか

相手の話に対しての自分の感情を、コントロールできているか

何を問われているのか正確につかもうとしているか

相手の話もまとめられるか


このように、
話すことのについての意識を突き詰めていくと、

究極の目的は、

話した相手が
幸せになること、

なのかもしれません。

ただ、
自分自身が話して楽しくなることも、

エゴとか自己満足だからと、
切り捨てるべき、

と言っているわけではありません。

ここに挙げた項目も、

相手への思いやりと同時に、
自分がどうしたいか、という気持ちが交錯しているのが、

お分かりいただけると思います。

話すことは、
人類に与えられた、最大の娯楽。

相手に喜んでもらうことで、
恩恵が自分に返ってくる。

そのぐらいのスタンスで
いたいものですね。