「聞き間違えられるのは、滑舌が悪いから、と思う前に」

 

聞き手にきちんと言葉が伝わらず、
「え?」と聞き返されてしまったり、

カフェでコーヒーLサイズを注文した時、
「エムですか?」などと聞き直されてしまうことは、ありませんか?

言葉が相手に伝わらない原因は、
いくつか考えられますが、
大きく分けると、以下の3点に集約されると思います。

・文脈が唐突
・声が小さい
・不明瞭

 

文脈が唐突、というのは、
聞き手が思いもしない言葉だということです。
なんとなく、わかりますよね。

2番目と3番目、
声が小さいのと不明瞭なのは、極めて近い関係なのですが、

その違いは、
声が小さいのに、聞き取りやすい人と、
声が大きいのに、聞き取りにくい人の違いを考えれば、
わかることだと思います。

ここでは、
不明瞭の原因と対処法に的を絞って考えていきます。

 

 

母音の変化が明瞭なら、大抵の言葉は聞き分けられる

これまで当メルマガでお伝えしてきたように、

日本語は、
子音を使わずに、母音を発するだけで、
なんとなく言葉の意味が伝わるものです。

例えばカフェで
「オーイー」と言えば、

なんとなく、コーヒーのことだな、
と理解できるでしょう。

大事なのはまず、
母音をきちんと変化させること。

そして次に、
音の違いを明確にするための、子音を駆使するわけです。

ですから、
よく、自分は滑舌が悪いから、と、

発音練習として早口言葉を一生懸命に取り組んでいる、
という人を見かけますが、

もちろんそれもいいことなのですが、

まず、自分の母音はきちんと変化しているのか?
というポイントをチェックしなおして欲しいのです。

 

例えば、
冒頭に書いた、「Lサイズを、エムですか?と聞き直されてしまう」原因。

誰でも分かることは、

ルとム、このふたつ、母音は同じウ段ですので
どちらも母音エからウへの口の動きの変化があり、

同じ口の動きで聞き取りにくいのは
すなわち子音がしっかり出ていないということ。

子音の「ル」がきちんと出ておらず、
ラ行とマ行の違いがはっきりしてなかったんだな、

ということでしょう。

そこで、発音練習を
マミムメモ~ラリルレロ~
とやればいいのだと、まずは思うことでしょう。

もちろんそれもそうなのですが、
どんなにそれを練習し続けても、

なぜか、
聞き間違えられることが減らない、無くならない、
のではありませんか?

実はそこには
思わぬ原因が潜んでいるからです。

それは、
一音の長さです。

 

音の長さを意識したことが有りますか?

音が正確に出ないという現象の根本には、
「ひとつの音をきちんと1音節分の長さの息で
出していない」という要因もあるのです。

 

コーヒーならコ・オ・ヒ・イ
という4音節分の音が出ているべきなのですが、

これをコヒと言ってしまう傾向はありませんか?

そして例えば、エルサイズとエムサイズ。

ルとムの子音の違いがきちんと伝わらない背景には、
聞き間違えられた「ル」が、
きちんと1音節分の長さで出ていなかった可能性があります。

口内の上の部分、硬口蓋を舌で弾く「ラ行のル」に比べて、

一瞬、唇を合わせることで発せられる「マ行のム」は、
一般的に、音が短くインパクトが小さくなります。

そこで、
1音節分の長さに満たずに短くなってしまったルを、
ムと聞き間違えてしまったということは、充分に考えられます。

言葉が聞き取りやすい人と
聞き取りにくい人、

それは子音の出し方!と決めつける前に、
音の長さを改善してみることをオススメします。

 

音の長さを揃えるための練習法

では、
一音の長さを揃えるための発音練習のやり方をご紹介します。

発声練習などでよく使われる、

アイウエオイウエオアウエオアイエオアイウオアイウエ
カキクケコキクケコカクケコカキケコカキクコカキクケ
サシスセソ・・
これは
同じ段の音を、違う順番で出してみるという発声発音練習なのですが、

これらの音を、
声を出さず、無声化状態で出してみましょう。

同じ段をひとつのくくりにして、
ひとくくりを一息で言い切ること。

息が苦しくなっても、
むしろ最後のほうこそ、音を長めに出す気持ちで、
息を吐き切るようにしてみてください。

ポイントは、・・・

 

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。