「聞く体勢でない相手に、話しているのではないか?」音声ファイルダウンロード

「聞く体勢でない相手に、話しているのではないか?」

独り言を除いて、
話す、というのは、相手が居て、
その相手がこちらの言葉を聞いているのが、前提なのですが、

相手が聞いているかどうかお構いなしに、まくしたて、
満足してしまっていることが、ないでしょうか?

絶好調!なんて思うのとは裏腹に、
実は話がまったく伝わっていない、という結果に。

あるいは、まったく伝わっていないということにすら、
気づいていないおそれも。

 

相手を聞く体勢にする言葉とは?

そうならないためにも、私たちが話をするときは、

今、相手がこちらの話を聞く体勢にあるか、
意識する必要があります。

相手の聞く体勢が
よりこちらに向かっていればいるほど、
より理解してもらえるのは、当然といえば当然ですね。

そして、

聞き手を聞く体勢にするために有効なのが、
接続詞、あるいは接続詞的な役割をもつ語です。

例えば、自分の話の組立てを、
接続詞、あるいは接続詞的な役割をもつ言葉で
構成してみるのもひとつの方法です。

まず~
では、なぜ~
実際、~
ところが、
つまり、~

もうこれだけで、
なんとなくどういう話なのかわかってしまうほど、
話の筋が明瞭になりますね。

この構成では、
問題提起~原因、理由の追求~具体例~例外、反証~結論
という話の流れになっています。

なぜこんなに話がわかりやすくなるのか、というと・・・

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)

この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

熊谷章洋がこの記事を読んだ音声(mp3ファイル)は、こちらからダウンロードできます

「聞く体勢でない相手に、話しているのではないか?」音声ファイルダウンロード