話し方のコツ、心技体
  • HOME »
  • 話し方のコツ、心技体 »
  • 個性

タグ : 個性

「声の出しかた」で話し方の表現力を高める方法

表現力の高い話し方をしたいとき、具体的に意識すべきこと 体験談など、 ストーリーを語って聴かせる時、 聞き手に、 そのお話を追体験してもらって、 お話の世界に引き込むために、 考えるべきこと、 やるべきことを、 ここ数回 …

説明力をアップさせる「繊細な描写力」

「もう一歩踏み込んだ表現をしてみよう」 ストーリーのあるお話の語り方、 について、 考えがだいぶ深まってきましたね。 これまでの流れを 短くまとめますと、 作品や自身の体験談など、 既に頭の中に、ある程度まとまっている物 …

「自分らしい切り口」の話をするために、情報や言葉の選択眼を磨く

自分らしさとは、切り口のこと (前回からの続きです) そして、 その点を大胆に結論付けるならば、 話し続けられない切り口で、説明するな、 「自分の話っぽい」切り口を持て、 ということです。 つまり、 自分の話の本旨が、 …

本質、核心

「自分らしい切り口」で話すためには

「自分らしい切り口で語るために、言葉を選ぶ」 ストーリーのある話をして、 聞き手を魅了するには、 そのお話の世界に感情移入してもらえる環境を作り、 聞き手に、 そのお話を「追体験」してもらうこと。 そのために必要なのは、 …

本質、核心

「全く知らない・・」最悪の質問に対する受け応え

  自分が全く知らないことを質問されたら 想定外の質問に対して、 気の利いた話で答えることについて、 数回にわたって 考えてきました。 このテーマの最後に、 「最悪の質問」についても 想定しておくことにしましょ …

就職・面接

聞きごたえのある表現、話・言葉を選ぶセンス

聞きごたえのある表現をするには 前回記事からの続きです。 まずは聞き手に対して、 この話を理解してもらうために必要な情報を与えて、 認識を共有できるような話、前振りをしました。 このあと坂道を大量のオレンジが転がるわけで …

極意

ストーリーを語るときの表現力、声色を変えて話すコツ

声色を変える意味 (前回からの続きです) では、 お話を語る声とは、どういうものでしょうか? お話には、 それぞれに世界観、雰囲気のようなものがあるはずですから、 それを表現できるような声、 ということになります。 どう …

極意

話を効果的に聞かせるテクニック

「話題が豊富な人」と「話の引き出しが多い人」は違う 有名な怪談や感動話を 改めて人に語ったりすることと、 自分の体験談を、 面白おかしく話して聞かせること、 これは、 話し方の性質としては、 全く同じことだと言っていいと …

本質、核心

体験談を上手に語れる人になる方法

「話の引き出しが多い人は、話すことで体験談を練っている」 今回から数回にわたって、 「話し方」のなかでも、 「お話(ストーリー)を語る」ことについて、 具体的なテクニックに絞って、 掘り下げていきます。 これまでの「話し …

本質、核心

口が重い人が、ペラペラと饒舌になるには

「饒舌と寡黙、どちらが良い悪い、というわけではない」 口が重い人が、 ペラペラと饒舌になるには、 どうすればいいのでしょうか。 自分はどちらかというと よくしゃべるほうだ、 という方にとっては、 必要のない情報のようにも …

悩み、苦手

一瞬で話を構成するコツ

「話のディテールを考え過ぎて、構成が疎かになっていないか?」 頭の中のイメージを、 音声にする前に、 まず構成を思い描くことができないと、 目先の話に追われて、 いっぱいいっぱいになり、 まとまらない、 伝わらない話にな …

極意

「自分の意見」の作り方、話し方

「自分の意見が無い、言えない、を克服する」 好き、嫌いを上手に表明することで、 立場がわかりやすくなって、 話が早くなったり、 人との関係が深まったりする、 という話をしてきました。 前回記事はこんな感じです。 嫌いと言 …

極意
1 2 3 »

話し方のコツ、心技体 公式Twitter

PAGETOP
Copyright © 熊谷章洋 Akihiro Kumagai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.