「除雪車除雪作業中」
じょせつしゃ じょせつさぎょうちゅう

早口言葉難易度★★★☆☆

そんなに難しく無いかな?
でもポイントを書き出すのは有意義な言葉かもしれません。

そのポイントは、3つあります。

1、無声化する「つ」
2、つ→サ行
3、拗音

 

【関連記事】

「書写山の社僧正」をうまく読むコツ

滑舌を良くする方法

◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します◆

無声化する音は、早口言葉で言いにくい

まず1の「つ」について。

じょせつしゃ、の「つ」は、
ローマ字表記すると、

tusya

で、tとsに挟まれた、
母音のuが無声化されるのが標準語の発音の基本ですが、

無声化される音は、
往々にして、中途半端になりやすく、

中途半端になると、
次の音が出にくくなる傾向があります。

この言葉でいうと、

じょせつしゃ、の「しゃ」と
じょせつさぎょう、の「さ」

が出にくくなるわけですね。

ですから、
「つ」を念入りに発音することが、まず大事。

早口言葉を完遂することだけにこだわるなら、
無声化せず、
関西弁みたいに、

つぅ~

と有声化してしまってもいいと思います。

 

調音点の近い音に注意

2つ目のポイント、
サ行。

これは前項のポイントとかぶるのですが、
「つ」の発音と、
それに続くサ行の発音は、

調音点が近く、
音の出し方が似ているため、
切り替えがうまくいかなくなる可能性があります。

 

早口言葉の重大要素、拗音

そして3つめのポイント、
拗音、

つまり、
小さいヤユヨが、

1と2の落とし穴を
巧妙に演出しています。

一見、
「除」も「作業中」も、
直接は早口言葉に影響していないようにも見えますが、

このなかに、

ジョ、
サギョウチュウ、

と、
3つも含まれ、

除雪車除雪作業中という言葉全体を、
拗音中心の印象にしています。

そして、
つ→サ行の音の切り替えの難しさに紛れて、

「つしゃ」と「つさ」の2パターンを含ませている。
ここが、
この早口言葉の罠になっています。

ですから、
拗音が続くイメージに釣られて、

雪作、せつさ、というところの、「さ」が
「しゃ」にならないよう、

しっかり「さ」を立てて読む、
あるいは、
じょせつ・さぎょう、と一回区切る気持ちが、

この言葉の読み方に臨む
心構えとなると思います。

 

この記事は、アメーバブログで公開したものです。
◆この記事は有料メールマガジンで配信されたものです。


◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します。


◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ