「誰のため、何のための説明か、考えたか?」

 

 

何を説明するか?
説明の対象物の違いによって、
その説明の呼び方が変わってくるものです。

 

どういうことかというと、

例えば、目の前にあるものの状態や変化を説明するのは、
「実況」と呼ばれます。

また、
実体のあるものではなく、
観念的なことの説明も、私達はごく日常的に行っています。

「自分の頭の中にある気持ちや考え方」を説明することは、
おそらく「意見や感想を述べる」ということになるのでしょう。

つまり私たちは
さまざまなシーンで「説明」することを求められていて

なすべきことや方法はほとんど同じなのに、
説明する対象や相手などによって、その呼び名が違う、というわけです。

逆の言い方をすれば

「意見や感想を述べる」ということは
「自分の頭の中を実況する」ことと同じと言えるでしょう

そして、
説明の極意は、大枠から固めること。

「結局はこういうこと」という
結論と直結した、ざっくりした方向性を明らかにすることです。

例えば、道を教えるときであれば、
まず、その場所の方向を指さしてしまうこと。

物を説明するのであれば、
結局、それはどういうものなのかを、ひとことでまず言い表しちゃうこと。

それは、
自分の頭のなかを説明するとき、
自分の意見を述べるときも同じです。

では、
説明の極意である「大枠から固める」とは、
どのように発想すればいいのでしょうか?

 

大枠から固める、とは、
話の方向性を指し示すことであり、

話の方向性とは、
その説明の本質=結論です。
それを話の最初に提示できるようになるためには、
「誰のために何のために説明するのか」を感じとること。

 

説明とは、
誰のために何のために説明するのか×対象物、によって、
無限に変化すべきものなのです。

 

例えば、

同じ「目の前のコップに入った水」を説明するにしても、

その水質を知りたい人に説明するのか、
その水を飲もうかなと思っている人に説明するのかで、

話は全然違いますよね。

水質を知りたい人に説明するなら、
「硬度20㎎/Lの軟水ですね。富士山の地下から汲み上げた天然水の特徴は・・」など、

飲んでみようかなと思っている人に説明するなら、
「まろやかで癖がないので飲みやすい水ですね。富士山の地下から汲み上げた天然水の特徴は・・」など・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。