「人気者の話し方ができているだろうか?」音声ファイルダウンロード

「人気者の話し方ができているだろうか?」

 
やや手垢のついた表現なのですが、
「話し上手は聞き上手」という言葉があります。

その解釈については個々に委ねるとして、

聞き上手であることがもたらす、最大の利点は、
複数の価値観や視点が、話に深みを与えるということだと思います。

 
そして、話し相手から引きだした言葉が深ければ深いほど
自身が得るものも大きいはずです。

話とは、
それに加わった人全員で作り上げていくものだ

と心得たほうが良さそうです。

 

聞き上手とは、理解しようとする姿勢のこと

では、相手に良い話をしてもらうには
どうすればいいのでしょうか?

それは、一にも二にも、相手の話をよく理解する、
あるいは、理解しようとする、ということです。

人から話を引き出す、ということになると、
事前に考えた質問を
次々に繰り出すことに気を奪われがち

ですが、

まず、これはとても失礼に当たることです。
気のない相づちも同様です。

何かを感じるために質問したはずなのに、
答に反応せずに、次の質問をしたり、
気のない返事をしたりしていては、

話を理解していない、真剣に聞いていないことが
すぐ見破られ、不快感を与えてしまいます。

また、
「へえー」「なるほどー」「すごいですね」とうわべだけの反応をしたまま、
別の話に進んでしまったりしていませんか?

手強い相手であればそんなとき、

「ほんとにわかってる?」とか
「話、聞いてる?」

などと言ってくるかもしれません。

相づちのひとつに「おうむ返し」というものがあります。

これは相手の言ったことを
そっくりそのまま続けて言うことです。

すべてのおうむ返しが悪いとは言い切れません。

これが会話の調子を上げることもありますが、
多用しすぎると気のない返事に聞こえてしまうので、極力控えたほうがいいでしょう。

使うなら、感銘を受けた言葉を繰り返すことで
「今の言葉、気に入りましたよ、理解しましたよ」という意図を
相手に伝えたいときに使うのがいいでしょう。

 

相手に話をしてもらうために、自分も話すのが聞き上手

わからないことがあったら
すぐ質問する姿勢も大事です。

こんなこと聞いたら失礼かなと思うようなことでも
今聞いている話の理解のために必要と判断したときは
果敢に尋ねてみたほうがよいのではないでしょうか。

適当な相づちで流されるよりは
理解しようとする積極的な質問のほうが
より相手の気持ちに届くはずです。

そして、相手の言うことを理解しながら話を進めるためには
こちら側も少し話をする必要があります。

例えば、相手が「××なんですよ・・」と話した時・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)

この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

熊谷章洋がこの記事を読んだ音声(mp3ファイル)は、こちらからダウンロードできます

「人気者の話し方ができているだろうか?」音声ファイルダウンロード