「言えずに後悔するなら、紙に書け。」

 

話をしようという意気込みとは裏腹に
自分が言いたいことの多くを言えないまま、
チャンスを失ってしまうケースがありませんか?

 

考えておいた内容が言えなかったことに
話が終わった瞬間に気がついたり、

会話の中で話したいと思っても
流れのなかで言えないまま、機会が過ぎ去ってしまったり・・

なぜ、こういう現象が起きるのでしょうか?

 

後になって思うのは、後からだから思いつくのだ

(言いたかったことが言えなかった・・)

これを屈辱に感じることもあるでしょうが、
いつでも、言いたいことを完全に言い切っている人など、存在しません。

「言いたいことの7割言えて、合格」と
心得ましょう。

 

なぜなら、まず第一に、

「『後から』だから思いつくこと」だからです。

 

ああ言えば良かった、とか
この手があったか、とか、

人は後になって思います。

しかし、アイデアは、いつも、
思考の積み重ねと共に考えつくもの。

後から思いついたことを、時間軸を逆転させて、
本番中に考えつけば良かったなどと考えるのは
自虐的になりすぎなのではないでしょうか?

 

それよりも、
自己採点70点のクオリティーを確実に出し続けることこそ
大事だと思います。

 

会話はライブ。変化するものだから、事前に考えた話をするのが難しいのは当然

事前に想定した話を
生の話、会話の中で実現するのは、
それだけ難しいことなのです。

 

なぜならそれは「生」「ライブ」だからであり
その時々で状況が変化しているなかで、

話のニュアンスや優先順位、話し手の気持ちやテンションなども
刻々と変化しているからです。

例えば、
テレビ番組などの生のトークでも、
話を、同じ順番で、予定した内容を、確実に展開して欲しい場合には、

事前のリハーサルがあったり、
あるいは、フロアディレクターがカンペでトーク内容を指示したりするものです。

生のトークなのに、
予定調和のような絡みになってしまったりするのは、それが原因なのですが、

この場合、その予定調和は、
確実に必要な話を展開させるための、必要悪なのかもしれません。

 

そんなに言いたいことなら、読めばよい

ですからそんな「生、ライブ」の状況に左右されずに
絶対逃さずに話したいことがあるのであれば、

紙に書いて読んだほうがいいでしょう。

書いたものを読むことを、
恐れてはいけません。

「紙に書いたものを読んでいるという姿」は、
聞き手に対して、
確実な情報を提供しているという安心感を与えます。

むしろ、演出として、利用すべきなのです・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。