「失敗しないための手段を備えているか?」

さあ!
舞台に上がりましょう。

立ち位置の確認や、
座席・司会席に資料等、必要なものを置いておく、などの司会環境づくりも、
事前に念入りにしてあるのは、もちろんのことです。

できれば、一言目を発する前に、
客席を見渡してみましょう。

これから話す内容に捕らわれ過ぎて、
自分の世界の中に入ってしまうより、

舞台上から会場を見渡すことで、

今から始まるこの会の中に身をおいている自分の状況を認識でき、
すんなり、司会の役割に入っていけるのです。

また
自分が奉仕すべきターゲットを意識することによって、
サービス精神が生まれ、
自分をよく見られたい、失敗したくない、
というエゴが薄れて、緊張がほぐれます。

この人を笑わせようとか、盛り上げようとか
話しかける相手の顔がわかると
気持ちが入ってリラックスできます。

反応の良さそうな人を探してみる、
という手もあるでしょう。

 

失敗しないためのテクニックと注意点

司会の成功の5割以上は、
オープニングにあると言っても過言ではないと思います。

最初に「失敗した!」と思ってしまうと、
精神的に引きずってしまい、
なかなかイベントに気持ちが入っていかなくなってしまうからです。

では、
最初にトチらない、失敗しないようにするには、
どうすればいいのでしょうか?

 

司会で失敗しないためのテクニックなど、
そう簡単に文字にできるものではないと思いますし、
そういった種類の著作も少ないのではないでしょうか。

なぜならそれは、
経験によってのみ、得られるものだからです。

司会に限らず、
どんなジャンルでもそうだと思うのですが、

成功体験があり、
失敗体験を積むことで、

良かった時は何をしたから良くて、
ダメだった時は、なぜダメだったのか、

そして、ダメだった時に
こうしたら、良くなった、

という試行錯誤がないと、
コツを会得することはできませんが、

ここでは、
私の経験のなかから、

誰でも簡単に意識できる、
失敗しないための注意点を、2点にまとめてみました。
1、すべてを、大きく

・深い呼吸、
・大きな声、
・大きな体の動き、表情、
・キャラクターの発揮

2、大胆な「間」

・自分の声を聞くぐらいの時間的空白
・言葉の区切り方

この2点です。
すべてを大きく、という意味では、
2の間も、1に含まれると言ってもいいかもしれません。

この2点は、
文字にしてしまうと当たり前のようなことなのですが、
きちんと理由があります。

具体的にどういう理由なのか、
それぞれについて、解説していきます。

「1、すべてを大きく」

舞台に立つ前に、深呼吸。

そして
大きな声であいさつします。

お辞儀や身振り、笑顔なども、

最初に、
できるだけ大きく体を動かして行いましょう。

なぜこんなことを重要項目に挙げたのか?というと、

何事も、最初の行為が、
その後の自分の基準になるからです。

 

最初の呼吸が小さいと、
その後からの呼吸も小さくなり、だんだん苦しくなってしまいます。

また、呼吸が小さいと、緊張がほぐれないばかりか、
滑舌が悪くなり、トチりやすくなってしまいますから、侮れません。

呼吸のみならず、声の大きさなどについても同様です。

また「明るさ」など、自分のキャラクターの出し方についても
同じことが言えると思います。

最初に出し損ねると、
途中から本領を発揮することは、極めて難しいものです。

いずれにしても、
自分の最初の行為が、
自分のリミッターになっていきますから、

初めに振り幅を大きく取るのが、
何より重要なのですね。

2、「大胆な間」

出演者にとって、
間、つまり時間的空白は、恐ろしいものですから、

ついつい、立て続けにしゃべって、
空白を埋めようとしてしまいます。

テンションを上げるにはそれで良いのですが、

司会者はそればかりではなく、
台本などをきちんと読んで、進行する、

という役割ももっています。

そして、オープニングで台本読みや進行、
特に式次第や人名、肩書などでトチってしまうと、

これもまた、後々まで響きますから、
とにかく最初にカッチリこなすことを肝に銘じましょう。

そこで重要なのが、間のとり方です。

自分で思うほど、
聞き手は、間=時間的空白を気にしていません。

聞き手が、オッ?
と思うぐらいまで、

意図的に間をとっても大丈夫です。
むしろそのほうが魅力的です。

特にマイクを使う司会の場合、
会場のスピーカーと反響、舞台上のスピーカー(返し)の音で、
出演者のしゃべりが混乱する可能性があります。

どのぐらい間をとっていいかというと、

自分の声が会場に響くのを、
最後まで聞き終えてから、次の音を発するぐらいでいいと思います。

大胆に間を取ることが、
精神的な余裕にもつながります。

 

「読み」で噛まない、トチらないためのコツ

また、
トチらないための、言葉の区切り方というものがあります。

例えば、
トチってはいけない人名と肩書で、

株式会社東京特許許可局代表取締役社長アンリルネルノルマン様、

と、台本に書いてあったとします。

うわー、困った!
と思うかもしれませんが、

大丈夫、・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。