話し方のコツ、心技体
  • HOME »
  • 話し方のコツ、心技体 »
  • 人前

タグ : 人前

人前で話す時、失敗が激減する注意点2つ【後編】

「1、すべてを大きく」 (前回記事からの続きです。長いので分割しました。前回記事はこちら) 舞台に立つ前に、深呼吸。 そして 大きな声であいさつします。 お辞儀や身振り、笑顔なども、 最初に、 できるだけ大きく体を動かし …

極意

ストーリーを語るときの表現力、声色を変えて話すコツ

声色を変える意味 (前回からの続きです) では、 お話を語る声とは、どういうものでしょうか? お話には、 それぞれに世界観、雰囲気のようなものがあるはずですから、 それを表現できるような声、 ということになります。 どう …

極意

話を効果的に聞かせるテクニック

「話題が豊富な人」と「話の引き出しが多い人」は違う 有名な怪談や感動話を 改めて人に語ったりすることと、 自分の体験談を、 面白おかしく話して聞かせること、 これは、 話し方の性質としては、 全く同じことだと言っていいと …

本質、核心

「話し上手のプラス連鎖」スイッチを押す方法

「この話で、どんなふうに理解してもらうか?を考えてみる」 聞き手が聞きたい話はどんなものだろうと想像し、 自分への質問として設定し、 それに答える話し方をしていると、 ひとりでもしゃべり続けることができ、 かつ、 聞き手 …

極意

「質問を促す」話し方の技術

  質問を促す言葉 前回記事からの続きです。 話す時のストレスを減らす方法   ですから、 話に困ったら、 質問をしてもらったらいいのです。 ただし、 「何か質問はありませんか?」 と漠然と呼びかけて …

極意

「話す時のストレス、プレッシャー」を減らす方法

「話し上手のプラスの連鎖を取り入れろ!」 「話さなくてはいけない」という義務感、心の負担が、 話し手を縛り付けている状態、 それが緊張であり、 あるいは、 話す意欲が低いのに話さなくてはいけない時の 気持ちの重さになった …

悩み、苦手

「話さなくてはならない時」の対処法

「話をしなくてはいけないという義務感を、頭から追い出す方法」 前回は、 話す意欲はあるのに、 話せない時、 についてでした。 では、 話す意欲が無いのに、 話さなくてはいけない場面では、 どうすればいいのでしょうか。 性 …

極意

会話に入れない、話せない時の打開策

「話さないままでいると、最悪、敵認定されてしまう」 話すという行為には、 実は、とても大きな労力を要しています。 伝えたいという何かがあって、 あるいは、 伝えたい事は特に無くても、 何らかの関係性を維持するために、 伝 …

悩み、苦手

口が重い人が、ペラペラと饒舌になるには

「饒舌と寡黙、どちらが良い悪い、というわけではない」 口が重い人が、 ペラペラと饒舌になるには、 どうすればいいのでしょうか。 自分はどちらかというと よくしゃべるほうだ、 という方にとっては、 必要のない情報のようにも …

悩み、苦手

そんだけかよ!と言われる話し方の欠点

「面白い話から先に。後は聞き手を満足させることに注力する」 「話を面白くしたい→オチを考えなくてはいけない」 「話がつまらない→オチがなかったのがいけない」 「オチが考えられない→話が下手」 と思っていませんか? しかし …

悩み、苦手

“好き”を上手に言う方法(後編)

「好き嫌いの表明は、相手を自分の世界に巻き込むこと」 このことから何がわかるのか、 と言うと、 好き、嫌い、と言う行為は、 「あえて、わざわざ」自分の意志を表明することであり、 それを聞いた人にとっては、 「否応なく」 …

本質、核心

人気者の話し方は、感情表現が吹っ切れている

魅力的な話し手は感情表現が上手い 話し方が魅力的な人に共通する要素として、 「感情を織り込むのが上手」 というポイントがあると思います。 ごく簡単な例として、 ある日の出来事を、聞き手に伝える場面で、 こういうことがあっ …

本質、核心

名言を引用して、話に説得力を与えるコツ

「話で人を動かす」のは、難しい 自分の話を教訓にして欲しい、 これをきっかけにして、考えを改めて欲しい、 もっと熱心に仕事に励むようになって欲しい、 相手の為になるような、いいアドバイスを贈りたい、 と思いながら、 話し …

話す時の「口の見せ方」

「話すことに自信がないと口の動きが小さくなり余計に伝わらなくなる、という悪循環を断つ」 音のバリエーションを生み出し、 言葉を形成している、口、ですが、 それは聞き手には どう見えているのか、考えていきます。 一番初歩的 …

体

「全体を見渡しながら」話す効果

『「どこかの誰か」に向かって話すより、「あなた」に向かって話す意識』 「全体を見渡すこと」の効果も、 計り知れないものがあります。 どういう状況で、どれだけの人々に向けて 話をしているかを認識することで、 それに適した話 …

本質、核心

目を合わせると、なぜ、話がよく伝わるのか。

「相手の聞く気を高めるために、目を合わせる」 話す時、 どの程度、人と目を合わせたらいいか。 前回は、 一対一のケースを考えました。 話す時の「目の合わせ方、切り方」のコツ 目線を合わせることより、 むしろ、 上手に目線 …

本質、核心

話す時の「目の合わせ方、切り方」のコツ

「自分から話題を振って、目線を切るテクニック」 うまく目線を切るためには、 どうすればいいか。 それは、 「目の動きを、話と連動させること」です。 相手の目が見られない、 と言う人は、 相手の話を 真正面から受け過ぎてし …

極意

話す時、どの程度「相手の目を見たら」良いか?

「相手の目をどのぐらい見ればいいか?」 話す時、 どの程度、人と目を合わせたらいいか。 誰もが一度は 考えたことがあるのではないでしょうか。 友達同士なら そんなことを思う必要もないのでしょうが、 やはり、 初対面の相手 …

体

話す時の「頭部」の動かし方が、味方を増やし、敵を作ることもある。

話す時の頭部の位置・動きが聞き手に与える影響 「頷く動き」 同意や納得を表します。 これは、 相手への同意はもちろん、 自分自身が今、話していることを、 自分で納得している、という状態もあり得ることです。 人は、 相手が …

体

話す時の「手の位置、動かし方」が相手に伝える意味

「腕、手、指の動きは、聞き手と親密な関係を築くためにも役に立つ」 「腕を挙げる動き」 腕の動きは、 体を大きく見せる効果があります。 感情の拡大表現に有効です。 バンザイ、さようなら、怒り・・ いずれにしても、 「腕の位 …

体
1 2 3 »

熊谷章洋がメールとスカイプで個別指導

法律ナレーション音声ファイルダウンロード

14キロ減量に成功して続行中!

PAGETOP
Copyright © 熊谷章洋 Akihiro Kumagai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.