固定ページの項目に、

発音練習として、「外郎売」と「あめんぼあかいな(五十音)」を掲載していましたが、

このたび、

外郎売と五十音を分けることにしました。

 

外郎売は、

中盤の見せ所で、早口言葉を一気にまくし立てる場面があるのですが、

その、日本の早口言葉の原点ともいうべき一節のなかで、

特に難しいと思われるものをピックアップし、

ひとつずつ、解説を加えていくことにいたしました。

 

これまでも

早口言葉の記事は好評をいただいておりまして、

なかでもアメブロ時代は、「この竹垣に・・」の記事への検索数がとても多かったのですが、

 

このサイトを立ち上げてからは、

「東京特許許可局」「赤巻紙青巻紙着巻紙」が多いようで、

何故だろう?とちょっと不思議なのですが、

 

いずれにしても、

今後ますます、早口言葉には力を入れていきたいと思っておりますので、

ぜひご期待くださいね。

第一弾として、

「書写山の社僧正」をアップしましたので、

よろしかったらどうぞ!