話し方のコツ、心技体
  • HOME »
  • 話し方のコツ、心技体 »
  • 話し方、心・頭脳

話し方、心・頭脳

「相手がよく話せるようになる」聞き方、環境の作り方

「相手のテンションや緊張まで、コントロールできているか?」 自分がいい話をするよりも、 人に良い話をしてもらうほうが大事な時が、 意外に多いものです。 また、それが結構難しいことであったりします。 リラックスして親密な関 …

本質、核心

会話・トークをうまく回す、転がす、コントロールするには

「話はよく聞きつつ、聞き過ぎるな」 トークを仕切る役目を担っている時、 どういう姿勢で何に気をつけていればよいのか。 たったひとつだけ挙げるとすれば 「今、何について話しているのかを、 聴衆あるいはトーク参加者に明示する …

本質、核心

「トークを仕切る」意識とコツ

「トークの仕切り役、まずは「持ち駒」を揃えよう」 トークショー、とまではいかなくても、 参加者の発言を促し、 あるいはコントロールしなければいけない役割というのは、 日常的にあるものです。 企業や学校、サークル、地域社会 …

本質、核心

本番の緊張を、集中力に変えるコツ

「課題をポジティブにまとめることができているか?」 準備も万端整って、 いよいよイベントが始まります。 ライトが点灯したり、音楽が鳴ったりして、 緊張感が高まります。 この緊張を集中力に変換できるかが、 司会の出来を大き …

本質、核心

司会当日、本番直前までにやっておくべきこと

「攻めの調べ物ができているか?」 前回までは、 司会者の心得として、 どういう事前の準備をすべきか、という話をしてきました。 今回はいよいよ、 司会当日を迎えます。 一般的な催しを想定して話を進めていきますので、 自分が …

本質、核心

司会前日までにやっておくべき最終チェック

自分が話す「枠」「前提条件」を知っておく 司会をすることになったとき、 まず大事なのは、 その会が、どういう意図で企画され、 どのように実現されるのが求められているかを知ること。 それを認識した上で、 「その会ついての客 …

本質、核心

司会の前の準備で最も重要なこと

「司会に託された意図を勘違いしていないか?」 司会をすることになったとき、 どういう準備をすべきなのでしょうか? 一番重要なのは、 その会がどういう意図をもったものなのかを、知ること。 それによって、 すべき準備も違うは …

本質、核心

心に残る司会ができるかどうか、分岐点となる重要な心構え

「司会は献身、そして相手を知ること」 学生や社会人生活のなかで、 司会をする機会は 意外と巡ってくるものです。 持ち回り制だったりしますからね。 なぜ持ち回り制になるのかというと それは、 多くの人にとって、それほどうれ …

本質、核心

確実に「伝わる話」をするための自己抑制法

「言いたいことを言うのは話し下手」 上手に話したい、という思いが強い人ほど 早口でペラペラしゃべろうとする傾向があるようです。 しかし 「上手い話とは、伝わる話」のことであって 極端にいうと、 よどみないとか、トチらない …

本質、核心

話す直前に構成を考えるコツ

#43「話す直前に構成を考えるコツ」 「話す前に瞬時に構成ができているか」 有能な話し手は、 プランを持って話し始めることができるものです。 逆に、 話に聞き応えのない人は、 ノープランのまま、話し進めてしまいます。 プ …

極意

言いたいことを「忘れずに話す」コツ

#42「言いたいことを「忘れずに話す」コツ」 「その話に、物語はあるか?」 言いたかったことを言えなくて、 後悔することは、ありませんか。 会話や議論はライブですから、 自分の思い通りに進まないことがほとんどで、 人の話 …

極意

言いたかったことが言えないまま終了、という現象が起きる原因

#41「言いたいことが言えずに終了」を克服する 「言えずに後悔するなら、紙に書いて読め。」 話をしようという意気込みとは裏腹に 自分が言いたいことの多くを言えないまま、 チャンスを失ってしまうケースがありませんか? 考え …

悩み、苦手
« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 熊谷章洋 Akihiro Kumagai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.