バナナなどのなぞなぞなど謎なのだけれどバナナの謎はまだ謎なのだぞ
バナナナドノナゾナゾナドナゾナノダケレドバナナノナゾハマダナゾナノダゾ

早口言葉難易度★★★★☆

 

これは早口言葉の中でも、
かなり滑舌が忙しいタイプですね。

意味が混乱して、
違う音を出してしまう、というよりは、

滑舌が間に合わずに、
発音を間違えてしまうような音の連続になっています。

このサイトの記事でも、
再三指摘しているように、

最近一般的になっている、
滑舌という言葉ですが、

実際に「舌」を使って出す音は、
限られています。

それは、
タ行(ダ行)、ナ行、ラ行です。

これらの音は、
いちいち、

上顎(硬口蓋、音によってはもう少し奥の軟口蓋付近)に
舌を当てなくてはいけないため、

まさに舌がもつれるような言いにくさになるわけですね。

しかも、
この「バナナなどの・・」では、

ナ行、ダ行の中でも、

ア段の
「ナ」「ダ」が連続することで、

より大きな口の動きが必要となります。

 

トラップは、ア→オの口の変化

難しいのは、
それだけではありません。

早口言葉の構成にありがちなのは、

同じ傾向の音が連続して意識がそこに傾いたところに、
違う音が入る、という落とし穴(トラップ)。

ここでは、
ナ行、ダ行に気をつけているところに、

「ゾ」が入って、
間違いを誘いますし、

さらには、

「バナナな」と、
ア段の音が連続する後に、

「どの」と、
オ段への口の形の変化が求められます。

「ナゾナゾ」も同様です。

 

では、
この早口言葉を制覇するポイントです。

まず、

ナ行とダ行の中でも
口を大きく使うア段の「ナ」と「ダ」に対応するため

ナナナナナナナナッ
ダダダダダダダダッ

と、

下顎まで動くのを意識しながら
できる限り速く発音してみましょう。

より強く、
そして、弾むように。

こういう音の出し方に慣れると、
他の音においても、

歯切れのよい発音の感覚がつかめてきますから、
これはいい練習になりますね。

「発音の筋トレ」という気持ちで、
取り組んでみてください。

 

まず母音だけで口の形の変化を大げさにやってみる

そしてもうひとつの肝は、
ア段からウ段への口の変化です。

「ナドノ」
「ナゾ」では、

ア段からオ段へ口の形を変えるときに

上下の動きだけではなく
前後の動きが重要になります。

まずは子音を付けずに、
母音だけで口の形を確認してみましょう。

ア・オ・ア・オ、と

大きく口を開く「ア」から
「オ」に変わる時には、

ちょっと極端に鼻の下を伸ばして、
口を尖らせるように。

さらに子音を付けて、

「ナド」
「ナゾ」

特に「ゾ」は、
「ズオ」と言っちゃうぐらいで発音してみてください。

子音が出しにくい音は、

子音を出すことにばかり囚われず、
母音までしっかり出すことに注意してみると、

良い結果が出るものです。

ここでは、
「ゾ」は「zお」と、

自分の耳で「お」まで聞いてしまうぐらいに。

これは他の発音でも効果がありますから、
苦手な音があったら是非試してみてください。

 

言い難いところの前で、ちょっと区切る技

そして、
早口言葉の基本的なテクニックとして、

いいにくいところの前に、
ちょっと区切る技も駆使。

私なら、

「バナナ・などの」
「謎なの・だけれど」と区切るでしょうね。

しかも、
「バナナ(ァ)・など・・」
「なの(ォ)・だ・・」と、

区切る前の音の母音まで耳で聞くような感覚で。

これは早口言葉に限らず、
台本など「決まった言葉」を間違えずに言う方法でもありますから、

早口言葉を通して、
身に付けておくといいかもしれませんね。

最近私もお気に入りの、この早口言葉。

発音、滑舌が甘いな、
と感じた時に、

まずやってみるのに最適ですし、

上述のように、
「滑舌の筋トレ」にもなると思います。

覚えて、
口癖のようにしてしまいましょう。

解説動画を作りましたので是非!