「相手の話したいツボを察知しているか?」

 

司会者やインタビュアーとして、
出演者や話し相手に言われたら嬉しいのが、

「なぜかいっぱい話してしまった」
「普段は言わないことまで言っちゃった」

など、

いつもより話しやすい環境だったことへの
褒め言葉ではないでしょうか。

もちろん、
意図せず自然にそうなる場合もあるのですが、

自然に任せているだけでは、
そうならない時とのクオリティーの落差が大きくなってしまいます。

トークの仕切り手としては、やはり、

意識して、話しやすい環境を作る術を、
持っている必要があると思います。

 

話を引き出すテクニック

話しやすい環境を作る術、

それは、
話を引き出すテクニック、

相手にいい話をしてもらうコツです。

前提となるのは、
まず事前に相手を知ることなのですが、

ただ漫然と知識・情報を入れるよりも、

これから展開されるトークを、どうしたいか、
というビジョンを念頭に、情報を集めることが大切です。

調べ物のコツについては、

#56(20140908)
「攻めの調べ物ができているか?」をご参照ください。

また、
トークに参加する人たちのキャラクターを知ることは、

将棋に例えるなら、
持ち駒の個性を知ること、という話は、

#61(20141027)
「トークの仕切り役、まずは「持ち駒」を揃えよう」でお話ししたところです。

 

相手の話したい気持ちを活かす

トークにおいて、なぜ、
相手を知ることが大事なのか?
それは、
人には、
「話したいツボ」があるからです。

これは誰しも思い当たることだと思うのですが、

人間には、
話を聞いて欲しいという本能的な欲求があるものです。

そして何事も、
自発的な行為ほど、大きなエネルギーを持っています。

それは「モチベーション」、「情熱」です。

話したいという情熱を、
スムーズに発揮してもらうことが、
結果的に
いい話し合い、盛り上がりにつながります。

また、相手を知ることで、
相手の話により深く共感することができるようになり、

「そうですよね~」
「それは大変でしたね。」
「面白い体験でしたね。」

など、

その共感を相手に伝えること、
「共感の表明」が、
相手の話したい気持ちを
一層高めることにつながります。

トークの仕切り手、インタビューの聞き手というのは、
まるで整体師のように、

相手が話したいツボを察知し、
上手にそのツボを押してあげる、

そういう存在なのだと思います。

 

今ここでしか聞けない話、希少価値の高いトークを演出する

そういった、モチベーションの高いトークを、
自然に流して盛り上げるためには、

あまり事前にストーリー
(例えば台本や、頭のなかの構想など)を固めすぎないよう、

「描いたビジョンを、いつでも手放せる位置に置いておく」心構えも、
ビジョンを描くことと同じぐらい、
大事だと思います。

事前に考えたビジョンに縛られて、
その通りにしかトークを進められないと、

もしかしたら得られたかもしれない、
その場、その時でしか聞けない話を、

聞きそびれてしまう恐れがあるからです。

トークの仕切り手として、

「盛り上げる」ためにはどうしたらいいか、
という話をこれまでも再三してきましたが、

それは言葉を換えるなら、

今、このトークでしか得られない話、
「希少価値の高いトーク」を演出する、ということ・・・

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)
この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。