「相手に、口の動きまで見せてあげようとしているか?」音声ファイルダウンロード

「相手に、口の動きまで見せてあげようとしているか?」

話がわかりにくい人に共通する、
ひとつの話し方の特徴があります。

それは、
口の動きが見えにくい、ということです。

読唇術というものがあるように、
人は相手の口の動きを見るだけで、
だいたい何を言っているかは理解できるものです。

逆に言うと、
口の動きが見えにくい状態で話す人は、

それだけで、話を伝える重要な手段を、
ひとつ放棄しながら、話しているということにほかなりません。

例えば、

うつむき気味だったり、
相手に顔を正対させることが苦手だったり、
手で口を覆うことが多かったり。

こうなると聞き手は、
話し手の口の動きを判断することができませんから
それだけで話は、伝わりにくくなります。

 

口を動かさずに速く話せる人も要注意

それだけではありません。

このような、
相手から口が見えない状態はもちろんなのですが、

相手の顔をきちんと見て話していても、
口の動きがわかりにくいタイプの話し方もあります。

それは、
口(唇)を動かさなくてもしゃべれてしまう、
言ってみれば「腹話術」のような話し方です。

口腔内の微調整だけで話す癖のある人は、
唇をあまり動かさずに話す傾向にあり、
しかもそれが、かなり高速で話せたりするわけですね。

こういう人が、ペラペラ快調に話していると、
聞き手は、ほとんど何を言っているかわからない。

しかし話し手本人は、
自分の話が理解できない相手は馬鹿だ、ぐらいな勢いで
いい気になって話し続けているのですが、

本当は、

「相手が話を理解できないのは、
自分の口が開いていないからだ」

ということに、
まだ気づいていないのですね・・・

 

(この記事は、有料メルマガからの抜粋です)

この記事の続きを含む過去記事は、こちらから購入できます。

熊谷章洋がこの記事を読んだ音声(mp3ファイル)は、こちらからダウンロードできます

「相手に、口の動きまで見せてあげようとしているか?」音声ファイルダウンロード