「まとめながら話すコツ」音声ファイルダウンロード

「何を言っているかわからない人に、なっていないか?」

話がわかりにくい。
伝わらない。

その原因は、

「主述」の問題によることが多い

ものです。

主語と述語が、
離れたり、混乱していたり。

 

話し手の頭の中のストーリーはつながっている

「私は・・」

と話し始めてから、

「~で、~で、
そのとき、○○さんが・・」

など、
話は、意味内容に関係なく、
とめどなくつながっていくことが可能です。

ところが、流れるままに話をつなげてしまうと、

「結局、なんの話でしたっけ?」
「で、あなたは、どう考えたのですか?」

と、言いたいことが全く伝わっていないという事態に。

 

聞き手は結論を待っている

これを聞き手の側から考えると、

人間は、人の話を聞くとき、
誰が、どうした、どう思った、
それは、どういうことだった・・と

話の結論に注意しながら聞いているものです。

ところが、
「誰が=どうした」というような結果を早く言ってくれないと、

聞き手は混乱し、
やがて、 聞くこと自体を放棄してしまう。
つまり、飽きてしまうのです。

 

音が消えると、話は忘れられる

紙に書かれた文章と違って、
話し言葉は、
言った瞬間に音が消えてしまいます。

ですから、聞いた記憶までもが消えてしまわないうちに

話し手は、話を手際よく完結させて、
その都度、相手を理解させながら進めていく必要があります。

そのためには極力、

「主述を近づける」こと

ここ、ポイント

文章なら1行で書けてしまうことも、
わざわざ、2行、3行で言うような気持ちで。

「私は、これこれこういう理由で、こう思うんです。」

よりも、

「私は、こう思うんです。
なぜなら、これこれこういう理由だからです。」

のほうが、
断然、わかりやすい。

「言葉は発したら、消えていくもの」

ならば、
消える前に、完結させよう、という意識が大切です。

「まとめながら話すコツ」音声ファイルダウンロード

◆この記事は有料メールマガジンで配信されたものです。


◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します。


◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ