「緊張から開放されるコツ」音声ファイルダウンロード

「人前で緊張するのは、ただの自意識過剰ではないか?」

はっきりいいますので、気を悪くせず聞いて下さい。

人前に立つこと自体が苦手だとか、
話すことが嫌いだ、とか。

いざ、自分が話をしなくてはならない局面に至っても
そのように感じてしまうのは、

サービス精神が足りない証拠。

言葉を変えれば、自意識過剰。
あなたのワガママなのではありませんか?

自分が話し下手なんて忘れるぐらいに

例えば取引先を相手に、
プレゼンしなくてはいけないとしましょう。

話す相手がいます。
話すネタがあります。

ここは、

「この企画をもっとわかってもらいたい」とか、
「このプレゼンを楽しんで帰ってもらいたい」とか、

そう考えるべき状況なのです。

自分が話し下手だなんて
忘れてしまってもいいぐらいなのです。

あなたがもしその期に及んで
自分の話術が気になるのであれば、

今から話そうとしているその企画は
相手の心に届きません。

「伝える気持ちが自分の領域を出ていない」のですから!

気持ちが「相手本位」にならない限り
いくら話す技術だけ習得しようとしても
絶対に上達しません。

人前で話をする前に、
もういちど、自分に問うてみてください。

「今、自分は、相手本位の気持ちになっているだろうか?」と。

緊張している場合じゃないはずです。

【関連記事】
人前で話す時に緊張する原因
本番の緊張を集中力に変えるコツ

◆この記事は有料メールマガジンで配信されたものです。


◆この記事の著者がメールとスカイプで個別指導します。


◆アナウンサー熊谷章洋のプライベートブログ



「緊張から開放されるコツ」音声ファイルダウンロード

 

「このメルマガを配信するにあたって」

当メルマガの著者である私、熊谷章洋(くまがいあきひろ)は、
1989年(平成元年)

「人に理解されたい」という強い気持ちひとつで
アナウンサーになりました。

しかし現実は、

滑舌が悪い、
発音に癖がある、
声が甲高すぎる、

おしゃべりするのが苦手で、
性格が内向的。

実は
話し手としての適性には、
数多くの欠点があったのです。

それでも、
アナウンサーの仕事は、完璧に近づけたい。

だからこそ、
「話し方の理論」と「改善・解決のための方策」を考え、
それを日々、実践とともに改良してきました。

試行錯誤は現在も続いていますが、
その成果の一端は、2006年から
メルマガ「人前で上手に話すプロの技」で公開。

そしてこのたび、
そのエッセンスをさらに絞り込み、
「自問の言葉」という形で簡潔に表しました。

話し方改善のチェックポイントとして
お役立てください。


「緊張から開放されるコツ」音声ファイルダウンロード